ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アクションスポーツ撮影に!ドローン「FlyPro XEagle」は専用ウォッチでハンズフリー操作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、数多くのカメラ搭載ドローンが商品化されている。それらのほとんどが操縦を楽しみつつ、風景などを撮影するタイプ。

しかしこのほど登場した「FlyPro XEagle」は、アクションスポーツ撮影に特化したドローンだ。ハンズフリーになるよう、操作は専用のスマートウォッチで行うというものだ。

・ワンプッシュで操作

ドローン本体の外観は何の変哲もないクアッドコプター。ただ、専用のリモコンやスマホで操作するドローンが多い中で、FlyPro XEagleは専用スマートウォッチでコントロールできるのが最大の特徴だ。

しかも、操作の多くがワンプッシュでできるなどかなりシンプル。例えば、離発着、自動追跡、旋回、写真・ビデオ撮影などがプッシュ1つで操作できる。

このドローンはスケートボードやスキー、サーフィンといったアクションスポーツの撮影を念頭に置いて開発されているが、ドローンの位置を変えるのも、ウォッチについているベゼルを回すだけでできる。

・障害物を避けながらついてくる!

もちろん、自動飛行するからには、GPSやコンパスなどを内蔵し、障害物回避機能を備えている。

また、ドローンのバッテリーの残量や、フライト可能タイムなどもウォッチで確認できる。

・最大飛行時間は22分

その他のスペックとしては、ドローンとスマートウォッチの連携範囲は300メートル。最高速度は毎秒15メートル、飛行可能時間は22分、高度はマックス5000メートルとなっている。

気になる値段だが、クラウドファンディングサイトKickstarterではドローンやウォッチ、4Kカメラなどがセットになったパッケージが今なら369ドル(約3万9000円)の出資で入手できる。

GoProなどのアクションカメラをすでに持っている人向けに、ドローンとウォッチのセットも299ドル(約3万2000円)〜で用意されている。

プラス60ドル(約6400円)で日本へも発送してくれるので、アクションスポーツをダイナミックに撮影したいという人は要チェックだ。出資は6月13日まで受け付ける。

FlyPro XEagle/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。