ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バラエティ豊かな世界の「酢」最前線

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ピクルスがおいしい季節が到来中。ピクルスの主な材料といえば当然「お酢」ですが、ところであなたの家には何種類の酢がありますか? え、穀物酢だけ? もしかしたらワインビネガーが戸棚の奥に眠っているかも? だとしたらもったいない話。酢の世界は日々、進化を遂げています。最近とくに注目を集めている、個性豊かな酢の新顔たちをご紹介しましょう。

フランス代表・香り豊かな「シャンパンビネガー」

赤・白のワインビネガーを日常的に使い分ける人は増えてきましたが、シャンパンビネガーを使いこなせる人は料理の腕前も相当なもの。その名の通りシャンパンを原料とするシャンパンビネガーは非常に酸味が強く、少量でもしっかり酸味を主張してくれます。また、香りが非常に豊かなため、香りと酸味はきかせたいが料理は水っぽくしたくない、というときに重宝します。鶏肉料理や白身魚などのソースに加えるとすっきり爽やかな味わいに。

中国代表・もち米由来の「香醋(こうず)」

中国版の黒酢ともいわれる褐色のお酢。主原料は玄米、もち米、雑穀など。長期間熟成させたものをさらに最終段階で煮詰めて作るため、アミノ酸が豊富で独特の香りがすることから「香醋」という名がつけられました。こちらは香りや酸味よりも、凝縮されたエキスの旨味が個性。酢豚など濃い味の中華料理に向いています。

りんご酢以外の果実酢も続々登場

りんご果汁から作るりんご酢は“飲むお酢”として定番になりましたが、最近はそれ以外にもさまざまなフルーツ由来のニューカマーが増えてきています。たとえば、梨から作る「梨酢」はクセがなくさらりとした味わい。酢味噌和えやさば味噌煮など、魚料理の下ごしらえに使うと上品な味わいに。和風料理と相性がいいことで知られています。また、ブルーベリーやローズヒップを原料とした飲む果実酢も、ソフトな酸味と甘い香りで大人気。炭酸水で割ると爽やかに飲めます。

他にもシェリー酒を原料としたシェリービネガー、サトウキビから作るきび酢、紫芋から作る紅酢など、個性豊かな酢が市場に出回っています。さまざまな種類の酢を使い分けることで、料理の幅もぐんと広がるはず。店頭で出会ってピンときたら臆せずぜひ試してみましょう。

参考文献:『調味料の基本』 枻出版社

おすすめのレシピ

休み明け!疲れた体を酢で元気に!スッパうま!レシピ

酢豚のレシピ | 料理サプリ

揚げ鶏の酢醤油炒め煮のレシピ | 料理サプリ

手羽元の甘酢煮込みのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

サンドイッチより簡単おしゃれ!!最近増えてる「タルティーヌ」ってなに?
今日はこどもの日! 端午の節句とちまきの関係
灌仏会で使われる「甘茶」って何?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP