体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/第6回「僕はテロリストじゃない」

ニューヨーク在住、TABIZINEライターの青山沙羅です。あらゆる国から人が集まっている、ニューヨーク。この街には集まった人の数だけ、異なる人生があります。世界の大都会を輝かせているのは、この街を目指した人々の希望、絶望、涙、吐息。筆者の心に残る、忘れられないニューヨーカーたちとの出逢いを語ってみましょう。絵空事ではない、あなたが知らないリアルなニューヨーカーとは。

■関連記事
【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー
第1回「グアテマラから歩いてきた彼」
第2回「子どもとはスカイプで繋がっている」
第3回「出逢いと別れを繰り返す街」
第4回「ゲイカップルのデザイナー・ベイビー」
第5回「NYCの食は僕たちが支えている」

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける

アラブというと、何を思い出すでしょうか。私の頭に浮かんだのは、砂漠と駱駝(らくだ)でした。広大な砂漠を行く駱駝と、ターバンを巻いた人々。そんな程度の知識しかなく、アラビアの人と話したのは、ニューヨークが初めてでした。

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/僕はテロリストじゃない

アラブの国の人

アラビア半島のひとつであるその国の人は、週末のクラスには多かったのです。

地図上では西アジアに分類され、日本人とは一応アジア人同士なのですが、彼らの浅黒い肌、彫りの深い顔は、東アジアの私たちとは似ても似つかぬ容貌でした。その中で、モハメット(アラブ人に多い名前)24歳は際立ってハンサムで、俳優にでもなれそうなほどでした。

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/僕はテロリストじゃない

オーバータイムは、タイムカードを押させてから

ニューヨークの飲食業は、移民で支えられているといっても過言ではないでしょう。彼もレストランで働いていました。

「マンハッタンのレストランで働くのに、通勤時間は2時間。僕の住むブルックリンのブライトンビーチ(ブルックリンの最南端)は家賃が安いけど、何しろ遠いんだ。でも、これ以上の家賃は払えないよ」

「飲食業は、労働時間が長いよ。店側はNY州の規定労働時間をオーバーすると、タイムカードを退勤で押させて働かせるんだ。酷いよ。僕たちが永住権を持っていないと思って、足元を見ているのさ」

Brooklyn区の Atlantic Aveには、多くのアラブ系が住み、コミュニティがあるようでした。

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/僕はテロリストじゃない

僕はテロリストじゃない

ニューヨークは過去に911がありました。この悲劇の後、アラブ系に対するヘイトクライム(人種、宗教、嗜好に対する偏見で起こる憎悪犯罪)が急増、モスリムの衣装、名前でアラブ系と分かるため、マークされやすいようでした。

「アラブ人は、すべてテロリストだと思われる」
「女の子たちは皆怖がって、ニューヨークでガールフレンドなんて出来ないよ」

彼のようなハンサムな人にガールフレンドがいないなんて、男性不足のニューヨークで信じられない話でした。

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/僕はテロリストじゃない

ドバイは架空の街

ドバイは人気があるけれど、あそこでは仕事があるんじゃないの?

「ドバイは、砂漠に建てられた架空の街だ。ラスベガスと同じさ。住んでいるほとんどが外国人。もう先が見えているよ。あそこで働きたいとは思わないね」

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/僕はテロリストじゃない

ニューヨークでも未来が見えない

ニューヨークはどう?

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。