体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Motorola Atrix 2は10月16日発売(ハンズドン動画あり)

先日発表されたばかりの米AT&T向け「Motorola Atrix 2」は、米国時間10月16日に発売されるそうです。AT&Tとの2年契約で価格は現行のAtrix 4Gと同じ$99。現在米国で開催されているCTIAイベントでAtrix 2はが展示されているらしく、そのハンズオン動画がPhoneArenaで公開されています。Atrix 2は、今年1月に発表されたAtrix(4G)の改良版。Android 2.3(Gingerbread)と、Photonなどに搭載されている最新のMotoBlurが搭載されています。本体はAtrixよりも少し丸くなった感じで、バックカバーはツルツルしたものではなく、ソフトタッチのものに変わっています。手垢の堆積によるザラザラした手触りにはなりにくいのではないかと思います。AtrixにはPowerボタンに指紋リーダーが搭載されていますが、Atrix 2では省かれています。その代わり?カメラシャッターボタンが付きました。ディスプレイサイズは4.3インチと、Atrixの4.0インチから大型化、解像度は同じqHD(960×540ピクセル)ですが、画素の配列はPenTile配列ではなくなりました。SoCは、NVIDIA Tegra AP20Hから、TI OMAP 4430 1.0GHz(デュアルコア)にチップベンダー変更、RAMサイズは同じく1GB、内臓ストレージは16GBから8GBに減りましたが、大きな問題ではないと思います。通信機能ではWi-Fi b/g/nと5GHz帯のサポートがなくなりましたね。一方、3Gでは新たに下り最大21MbpsのHSPA+がサポートされています。バッテリー容量はAtrix 4Gの1,930mAhから、1,735mAhに減ったそうですが、電力消費が改善されたと言われており、バッテリーの持ちは悪くないと思われます。バッテリーの消費は使い方にもよりますが。Atrix 2にも”Webtop”が搭載されています。オプション品は、新たに発表された10.1インチの「Lapdock 100」、「HD Station for Atrix 2」、「Vehicle Navigation Dock for Atrix 2」、ワイヤレスBluetoothキーボード、容量58%増量のバスタブバッテリーなど数多くラインアップされています。一部のアクセサリーに”~ for Atrix 2″という名前が付いることから、Atrix用のHD StationやVehicle Navigation Docは流用できなさそうですね。Source : PhoneArena


(juggly.cn)記事関連リンク
キーボード中間にサブ画面を搭載したスライド端末「LG Doubleplay」のプレス画像がリーク
Archos、10.1インチHoneycombタブレット「101 G9」の8GBモデルを米国で発売
Android用「Opera Mobile 11.5」と「Opera Mini 6.5」が公開、データ使用量を確認できるようになった

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。