ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

31歳差婚の冠二郎 年齢と家の詐称が結婚の障壁だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「この女性しかいないって思ったんだよ」「運命の出会いだね」──72歳にして遅すぎた春を迎えた演歌歌手の冠二郎は、本誌記者の前でノロケまくった。3月31日に飯島直子似の歯科衛生士・A子さんと入籍した冠。彼女は41歳で2人の年齢差はなんと31歳。しかも、お互い初婚同士だという。

 新婚ホヤホヤの冠は饒舌で、出会いから入籍、そして夫婦生活に至るまで余すことなく語ってくれた。

「初めて出会ったのは今年1月24日。静岡でのイベントに彼女が裏方としてお手伝いに来ていたの。彼女が楽屋に入ってきて目が合った瞬間に“おいおい、イイ女じゃねぇかよ”って一目惚れしちゃってね。握手もしたんだけど、彼女もこの時、“冠さんとは前世から親しかった”って感じたらしいんだ。まさに運命の出会いだったわけ」(以下、断わりがない限り「」は冠のコメント)

 後日、冠は彼女を食事に誘った。すると彼女は「外食だとパパラッチに狙われてしまうから、私が自宅に行って食事を作ります」と提案したという。初デートから労せず自宅へ招き入れることに成功したのである。

「俺が今まで結婚できなかった一因に、年齢詐称があったんです。デビューから50年間ずっと5歳若くサバを読んでたから、いつも“結婚したら年齢がバレてしまう”と怯えてて、女性に対して積極的になれなかった。でも、昨年週刊誌にスッパ抜かれて肩の荷が下りた。それ以降、女性に対してガンガンいこうとしていた矢先でした。

 でも、いざ自宅に来るとなるともう一つの詐称がネックになってね。実はメディアでは“35坪の家に住んでる”って言ってるんだけど、本当は20坪の狭小住宅なんだ……。でも彼女は、“素敵なお家”って言ってくれたんだよ。こんなデキたオンナは他にいないよね」

 A子さんは調理器具が揃っていない冠宅に、炊飯器と手作りの餃子を持ち込み、手料理を振る舞った。彼女の気持ちがこもった料理を食べながらの会話は2人の距離を縮めた。そして互いの気持ちを確かめ合い、交際を決断したという。

 A子さんは喜び勇んで、すぐさま電話で父親に冠との交際を伝えた。しかし返ってきたのは、「浮かれるな! 冠二郎っていうのは普通の人間とは違う。芸能人なんだぞ」という予期せぬ交際反対だった。

「ご両親に直接会ってお願いするしかないって思ったね。彼女の家で8時間も話し合ったんだ。ちなみに彼女のお父さんは82歳、お母さんは74歳で俺よりも年上だったんだけど、お父さんが年齢差を気にしててね。決め手となったのは、お母さんの“20年後は90歳と60歳でしょ。同じ高齢者よ!”の一言だった。俺、嬉しくてその場で泣いちゃったよ」

 冠が彼女に「俺の命をあげるよ」というプロポーズの言葉を伝えたのは、帰りの車中でのことである。

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
還暦祝いとなったユーミン新年会 千秋、小泉進次郎氏も出席
すべてが秘密 謎に包まれた超絶美女YURIを独占撮り下ろし
谷隼人 妻の松岡きっこに「料理の量は少なめに」と懇願

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP