ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

陳建一氏が人生最後の日に食べたいのは「自宅で作る回鍋肉」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もしも、「人生最後の日」に何かを食べなら? そんな問いかけに、中国四川料理の料理人、日本中国料理協会会長・陳建一さん(60才)から返ってきた答えは、「自宅で作る回鍋肉」。

「この料理が最後なら文句ない。おじいちゃんが大好きだったの。家でチャチャッて、よく作ってくれて。今の季節は新しょうがをたっぷり入れるんだけど、旬の食材を入れて1年中食べてるね。秋にはきのこなんかも旨いよ。ご飯にもバッチリ合うしね。俺にとっては卵かけご飯みたいな位置づけだな。週に1回は自分で作って食べてるよ」

 豚肉好きの陳一家がこよなく愛する料理。油っこい料理だからと気遣う娘(陳さんの母)の心配をよそに、「お母さんには内緒」と祖父は陳さんに口止めし、隠れて食べていたという。

「1日3食、毎日何を食べようかとワクワクする。最後の晩餐なんて考えたこともないけど、病気になっちゃったら食べられないでしょ」と陳さん。「病院にも入らないで、完食して、ぽっくり逝くのが理想だね。食べてる途中で息絶えちゃうのだけは嫌だな」と笑った。

撮影■玉井幹郎

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
「分とく山」総料理長・野崎洋光氏が選ぶ最後の晩餐
元鉄人・陳建一が選ぶ名勝負 坂井宏行とのオマール海老対決
辰巳琢郎の「最後の晩餐」 ご飯と塩昆布や梅干し、ほうじ茶

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。