体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年は7月18日から瀬戸内国際芸術祭が開催!赤かぼちゃ、I♥湯、オリーブのリーゼント、他多数

3年に一度のアートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」が開催されます。舞台は瀬戸内海の島々。春、夏、秋、3つの日程に分かれており、108日間に渡って行われます。夏の開催に向けて、注目したいアート作品を紹介していきたいと思います。

 

瀬戸内国際芸術祭とは

2010年から始まった瀬戸内国際芸術祭は、瀬戸内海の島々を舞台に行われる現代アートの祭典で、今年で3回目を迎えます。

日程は春(3月20日~4月21日)、夏(7月18日~9月4日)、秋(10月8日~11月6日)の計108日間になります。

 

直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春のみ)、本島(秋のみ)、高見島(秋のみ)、粟島(秋のみ)、伊吹島(秋のみ)と高松港・宇野港周辺を舞台に行います。

日本各地や海外からたくさんの人が訪れ、瀬戸内海が盛り上がる祭典です。では注目したいアート作品を見て行きましょう。

 

島全体がアートな「直島」

赤かぼちゃ・黄かぼちゃ

2952660744_4d3f2311c4_b

photo by saitowitz

この写真を見たことがある人も多いのではないでしょうか?直島の代表的なアート作品と言えるでしょう!作者は、「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたり、世界文化賞も獲得したことのある草間彌生。

彼女の作品には水玉模様がモチーフにされていることが多いことで有名です。世界も認める芸術作品を間近でご覧下さい。

 

直島銭湯「I♥湯」

@carudamが投稿した写真 – 2015 11月 18 8:04午後 PST

外装から内装まで、全てにおいてアートを楽しむことができる銭湯です。実際に入浴もでき、細かい部分にも装飾が施されています。こんなお洒落すぎる銭湯見たことありません!

 

作者は現代美術家の大竹伸朗。数々の国際展にも出店しており、インパクトの強い作品は、一度目に焼き付いたら頭から離れることはなさそうですね。

 
■詳細情報
・名称:直島銭湯「I♥湯」
・住所:香川県香川郡直島町2252-2
・アクセス:宮浦港から徒歩2分(宮浦港までは、高松港から四国汽船フェリーで約50分)
・営業時間:14:00-21:00(平日)、10:00〜21:00(土・日・祝) | ※入湯は20:30まで
・定休日:月曜日 | ※祝日の場合は営業、翌日休業
・電話番号:087-892-2626(NPO法人 直島町観光協会 受付時間:8:30〜18:00)
・料金:入湯料別途=510円(15歳以下210円)
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/naoshimasento.html

 

地中美術館

@monocomonocoが投稿した写真 – 2016 5月 2 11:44午後 PDT

館内にはクロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレルが手掛ける作品が飾られています。

地下でありながら、自然の光が降り注ぐ美術館は、「自然と人を考える場所」として設計されました。

 

建築家は安藤忠雄。他にもベネッセハウスやANDO MUSEUMを手掛けています。

 
■詳細情報
・名称:地中美術館
・住所:香川県香川郡直島町3449-1
・アクセス:宮浦港からバスで15分つつじ荘バス停下車 無料シャトルバスに乗り換えて約10分
・営業時間:3月1日 ~ 9月30日/10:00 ~ 18:00( 最終入館17:00 )10月1日 ~ 2月末日 /10:00 ~ 17:00( 最終入館16:00 )
・定休日:月曜日※ ただし、祝日の場合開館、翌日休館
・電話番号:087-892-3755
・料金:2,060円※15歳以下無料 ※芸術祭会期中のパスポートでの鑑賞についてはこちら
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

 

食の宝庫「豊島」

豊島美術館

hirariさん(@ayuminishihira)が投稿した写真 – 2016 5月 5 4:26午後 PDT

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。