ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米粒大のスシを握れ・・・倉敷中央病院の驚くべき「研修医実技トライアウト」とは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京ビッグサイトに次々と集まる、スーツ姿の研修医たち。そこで行われるのは、岡山県にある倉敷中央病院による、世界でも類を見ない過酷な「実技試験」だった!

MISSION.01
「5mmの折り鶴をつくれ」

課題が発表された瞬間、どよめく室内。戸惑う研修医達。

「やばいって思いました」。

何も聞かされていなかった研修医にとっては、確かに驚き以外の何ものでもない。苦闘の果てになんとか「折り鶴」を攻略した彼らの前に、新たな課題が提示される。

MISSION.02
「バラバラの昆虫を治せ」

配られた袋の中に入っていたのは、バラバラにされたタマムシ。瞬間接着剤とピンセットを使って、元の姿に戻さなくてはならない。昆虫の体のパーツは、小さく繊細。もちろん、容易な作業ではない。

そして最後は…

MISSION.03
「米粒大の寿司を握れ」

シャリの大きさ、わずかに米一粒。メスを使ってネタを切り取り、ピンセットと指で握り寿司を作り上げる。

たったひとつの米粒に、海苔を巻き、ネタを乗せ、軍艦巻きを作る。

「技術力、集中力、忍耐力」
医師に必要なものとは

研修医向けの合同説明会で行われたこのイベントは、実技試験の導入を検討している倉敷中央病院が、そのトライアウトとして実施したもの。

一見医療とは関係ないように思えるが、医師に必要な能力の限界を問うもの。これを参考に、実際の試験内容が作られるそうだ。

動画最後に表示される未来のドクターに向けた一言に、そのコンセプトが明示されている。

「命はその手にかかっている」。

Licensed material used with permission by 倉敷中央病院

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP