体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハロウィンの仮装にぴったりな魔法の絵の具って?

111012halloween_p4.jpg

もうすぐハロウィンですね。ハロウィンは、ヨーロッパを起源とする民族行事で、10月31日の夜に魔女やお化けに仮装した子供達が、近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱えてまわるのは、日本でも有名なお話です。
このハロウィンに付き物な仮装にぴったりの「魔法の絵の具」を発見しました。この絵の具、どこが魔法かというと……
 

洗顔不要。乾くとシールのように「ペリッ」とはがせます。
絵を描く時に水は一切使用せず、また原料が生分解され土に戻る(半年から1年)ので環境に優しいです。
発色が良く、乾くと水に強いです。

と、水を一切使わないので、落とす心配をしないで良いのです。また、乾くと汗に強いので、汗で流れる心配もなく、いつでも、どこでも気軽に使えるんです。しかも、使い方もとってもカンタン。チューブから指先にとって、ペタペタと直接絵が描けるのです。

111012halloween_p12.jpg

さらに、不思議なことに、

布に描くとはがれません。
洗濯しても色落ちしたり、ひび割れしたりしません。もちろん縮んだりすることもありません。
窓にも描けるし指輪やブレスレッドも作れます。

と、顔や体だけでなく、布やガラスにも使えるので、ハロウィンの仮装だけでなく、オリジナルTシャツや、エコバッグなどの手作りグッズにも応用可能。大人から子供まで、色々な使い方が出来るんです。
日本では、まだまだ馴染みの薄いハロウィンの仮装ですが、こんなお手軽グッズをとりいれたらもっと気軽に楽しめそうです。今年のハロウィンは、遊びゴコロのある仮装をして周りのみんなを驚かせてみてはいかがでしょうか?
ハガレックス
(ことだま師 水蓮)


(マイスピ)記事関連リンク
全世界で大ヒット中、米国『トイ・オブ・ザ・イヤー』大賞受賞のゆるカワぬいぐるみ
婚活中の人は必見!? ハロウィン由来の結婚相手占い

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。