ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クレーンに吊られてフライハイ!世界55カ国でオープンした「空中レストラン」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

その名も「Dinner in the Sky(空中ディナー)」。2006年にブリュッセルの遊園地内で産声を上げたこのぶっ飛びレストランは、初めて設置されて以来55カ国で楽しまれてきた“アトラクション”です。

テーブルについてシートベルトを締めたら、そのまま星付きシェフと一緒にクレーンで空高く吊り上げられちゃうというトンデモ設定。怖くないの!?

席は完全むき出しです。






スリルよりも開放感が勝つかもしれませんね。地上50mの空中で、目の前で調理される豪華な料理と美味しいワインに舌鼓。同時にフィルターなしの絶景が味わえちゃいます。ディナー以外に様々な催しも。


なかには「空中結婚式」を開く人も居るのだとか!

2016年のスケジュールを見ると、オーストリアを中心に各国でイベントが開催される予定。残念ながらどれも海外でのみの参加となりますが、すでにチケットは完売です。一度は参加してみたくなります。

10周年ということもあり、1月にはブリュッセルのアトミウム前に10人の星付きシェフを呼び、10台のテーブルを、10台のクレーンを用いて吊り上げて大盛り上がりしたそうな。

FAQによれば、もちろんトイレに行きたくなった時はスグに降下可能。ただし、利用者全員一緒に降りることになるので我慢するに越したことはなさそうです。動画もチェックしてみてね♪

Licensed material used with permission by ©dinnerinthesky.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP