ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大学院生が経営“レモンサワー”が美味しいブックバー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜朝6時からの番組「WONDER VISION」のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」(ナビゲーター:野村友里)。5月8日のオンエアでは、新宿ゴールデン街に「the OPEN BOOK」をオープンさせた田中開さんをお迎えしました。

田中さんは、直木賞作家、田中小実昌さんを祖父に持ち、お母様の田中りえさんも同じく小説家。幼い頃から本に親しみを持っていた田中さん。「小さい頃は、本を買う時はいくらでもお小遣いをくれたので、何でも買ってました」とのこと。現在は大学院に通う25歳の学生。つまり、学業と並行してバー「the OPEN BOOK」をオープンしたのですが、実はバーを経営したいとは思っていなかったそうです。

「2013年に母が亡くなって、おじいちゃん(小実昌さん)の書籍を管理することになったんです。膨大な本の中には、野坂昭如さんや佐木隆三さんなどのサイン本もあります。若い世代に本の魅力を発信できればと思い、文学館などをまわりましたが、スペースの問題で受け入れてもらえないとのことでした。ならば自分でやろうと思い立ったんです。やるといっても、博物館みたいにしても人が来ないと思ってバーにしました」

「the OPEN BOOK」では本の貸し出しも実施しています。カードに名前を書いて貸し出すため、学校の図書館のようでお客さんに懐かしがってもらえるそうです。田中さんによると「僕の理想は、僕が借りてる本には、いつのあの子の名前が書いてある…。ある日、ふらっと入ったら、その子がいた…みたいなことがあればと(笑)」とのことでした。まさに青春!

そしてお店のもう一つのこだわりが、提供しているレモンサワー。「レモンサワーを、すごく美味しい一杯にしたら喜んでもらえるんじゃないか」と思って作り始めたそうです。お店で特別な機械を用いて、他では味わうことが出来ないレモンサワーを提供しています。これにより、居酒屋などで提供されるレモンサワーとは、まったく違う味になるとのこと。

「レモンサワーってどこもだいたい同じような味で、本当に美味しいレモンサワーを提供する店がなかったんです。店で作った美味しい味がウケているのかもしれません」

今後はお店の拡大を考えているそうです。変わったアイデアもたくさんお持ちのようなので、これからの展開に期待大です。

【関連サイト】
「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/style/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP