ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載】機内で過ごす時間も楽しい。フィンエアービジネスクラス体験記

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年1月27日(水)~2月2日(火)のスケジュールで旅してきた『フィンエアーで往く、英国周遊の旅』。

本記事とippinサイトへの寄稿記事を含めると、アップロード数は20記事となりました。いずれも中身がギュッと詰まった濃厚なレポートになるので、全てをご覧頂くだけでもかなりの時間を要するかと。

これから英国旅に行く方、行きたいと思っている方にとって、いかに分かりやすく参考となるかに最大の注力を置きながらも、私らしい視点を含め、様々なポイントをご紹介してきました。

結局のところ、自分独りよがりだけの記事というのは、いざ旅へ出かける時の参考として分かりづらかったりするんですよね。

あと、やたらリリースや宣伝内容だけであったり、表現の乏しい記事というのは、面白みに欠けるのと同時に、「これだったら、その会社のウェブサイトだけをちゃんと見ておいた方が良いわ。」なんて思っちゃうしね。と

はいえ、自分がどこまで皆さまにとって役立つ記事を綴っているか否かは、私にとっての永遠のテーマでもあり、判断軸は人によって異なると理解しているので、それでも数々の記事をご覧頂いた皆さまに感謝申し上げます。

・・・と、いきなり〆の言葉で締めくくりそうな冒頭文となりましたが、本記事は「ロンドン→ヘルシンキ→成田」という経路で日本へ帰国するまでをレポート。

ヘルシンキ空港では、あの! 免税手続きも行ってみたので、(とはいえ、レポ終了出来る最終報告が出来ず。)フィンエアー最新情報なども取り入れながらお届けします。

帰りに関しては、マンチェスター空港ではなく、ロンドン・ヒースロー空港を利用!

帰国日早朝、ロンドン・ヒースロー空港へ到着。ロンドンにある「ジ・エキシビショニスト・ホテル」を早朝6時半頃に出発しているので、空港へも朝方に着いています。

というのも、ヒースロー空港の荷物検査って異常に時間がかかる!!!

英国NG話はあまりしたくない(お察し下さい。笑)のですが、私なりのシビアな感覚からも、すごーく大変だった経験が過去にもあるから。(荷物検査を通る約8割くらいがピンポーンと鳴り、さらには荷物の中身チェックがダラダラしていてねちっこい。)

現実的な話として、テロ等の問題もありますので、ある程度の安全対策は仕方ないことだと思いますが、時間に余裕を持ってヒースロー空港に到着して欲しいということも伝えるべく、声高らかに! にしてみました。


※フィンエアーのロンドン線運航就任当時の貴重な写真

そう思うと、地方空港って比較的空いてるし、スムーズなことも多いなぁ・・・と。ちなみにですが、英国には、バーミンガム国際空港、マンチェスター空港、エディンバラ空港、グラスゴー国際空港、カーディフ国際空港などの地方国際空港もあるので、それらを利用するのも手であります。

今回は比較的段取りよく荷物検査や出国審査を終えたので、ヒースロー空港のラウンジでまったり・・・。

ビジネスクラス利用者にとって、このラウンジが使える点も有り難いですね。私は時間がある限りPCで作業をすることも多いので、このような”落ち着いた空間で過ごせることは旅のマスト条件”であったりします。

機内で過ごすたった数時間でさえも最高に楽しい!

さて、いよいよロンドン→ヘルシンキ(AY0832)10:20発へ搭乗。やっぱり私…飛行機に乗ること自体がすごく好きだ!

今もあるのかは謎ですが、小学校1年生の頃から何度も一人で飛行機移動していたんです。とはいえ、空港の搭乗口までは親と一緒で、搭乗手続き以降は係の人が案内してくれるのですが。

あの経験は今でも脳裏に焼き付いていて、「一人で飛行機に乗る! (実際は誘導有り)」という大人気分を囓ったような誇らしげな体験は最高で!

着席したならば、飛行中は窓からずっと空ばかり眺めていという事柄だけは、今でも変わらないのだけれど。

帰り便もビジネスクラス。特に窓側の席なんて、完璧一人の世界に浸れちゃう! (なんと! 私の席も窓側。やっほーい!)

「エアバス A350-900」の案内を眺めながらニヤニヤ。

どこかへ旅立つ際、もし搭乗便を自由に選べるのならば、航空会社のウェブサイトであらかじめ機体を調べてから予約する私。

最新機体とは、もちろん全てが新しくて最新機能を搭載している! という魅力的な点があるのは勿論のこと、環境問題へも配慮した機体だったりするんですよね。

とりわけフィンエアーは燃費効率の高い最新機材を積極的に導入し、ヘルシンキの地理的優位性を活かした飛行ルートの採用でエコスマートなエアラインを目指している会社。

興味深い点は他にもあり、ウェブサイト上に各フライトの燃料消費量と二酸化炭素の排出量を算出出来るページをも設けているのです。そんなフィンエアープチ情報も盛り込んでいるうちに…機内食がやってきましたよー!

メニューは「Häränlihaa tummassa olutkastikkeessa,pastaa ja haudutettua punakaalia」。あいかわらずフィンランド語が分からない。でも、このちょっぴり分からない感じが海外旅行の楽しさの一つ。

イッタラの「Ultima Thule(ウルティマツーレ)」スパークリングワイングラス越しの眺めもたまらない。

フィンランドを代表するデザイナー、彫刻家のTapio Wirkkala(タピオ・ヴィルカラ)が、ラップランドの氷が融ける様子にインスピレーションを得てデザインしたグラスは、日本でも大人気の商品。小ぶりながらもスタイリッシュで使いやすいので、次こそ購入しなくては!

ヘルシンキ上空ともなると、息をのむほど素晴らしい絶景が眼下に。

ほんの数分間に100枚以上のシャッターを切っていた私。あぁ、楽しい!!!

時差の関係でこれまた不思議なタイムトラベルを過ごし、1時間後にヘルシンキ着。

さぁ、ヘルシンキ空港(ヘルシンキ・ヴァンター国際空港)のターミナルやラウンジを散策してみましょう。

フィンランド式サウナも完備! フィンエアー「プレミアムラウンジ」

2014年夏、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港内に新しい「プレミアムラウンジ」を新設したフィンエアー。フィンエアーラウンジに隣接する「プレミアムラウンジ」は、シェンゲン協定非加盟国線エリア内36番ゲート周辺にあります。


※フィンランドの企業「dSign Vertti Kivi & Co社」による設計


※ラウンジ内のWi-Fiも完備

ラウンジ最大の面白さといえば、フィンランド式サウナが利用出来ること!


※サウナ内は撮影不可でしたので、フィンエアーよりお借りした写真を添えています。

ラウンジにサウナがあるって、とてもユニークですよね! プライベートシャワースイートとフィンランド式サウナは大人気らしく、ほんの束の間の乗り換え時間でも利用する方が多いようです。サウナで一汗かくことで疲れも吹っ飛び、リラックス出来るとは・・・高ポイント!!!

なお、「プレミアムラウンジ」の利用対象者は、フィンエアープラスのゴールド会員およびプラチナ会員とその同伴者のほか、日本航空(JAL)などワンワールド・アライアンス加盟航空各社の対象ステータスを有する会員のみ。

今回はフィンエアーの取材をも兼ねた旅でもあるので、特別に潜入してきました!

「プレミアムラウンジ」にも私の大好きなお酒が・・・たんまりー! (ニコラ・フィアットもお好きなだけどうぞ!)

いろいろなアルコールを取り揃えているようですが、折り鶴の描かれたメニュー表が日本人としてはキニナル。

色んなタイプのイッタラの「ウルティマツーレ」も発見。これはシリーズで揃えたい-!

ちゃんと「マリメッコ」もありますよ。

フィンエアーの素敵なところって、機内とラウンジの統一感を非常に感じられる点。

器が最も分かりやすい例ではありますが、地上(ラウンジ等)や飛行空間のテーマが一体となっていることで、フィンランドのデザイン性の高さをより実感しますし、テーマが共通していることで実に居心地良いのです。

「ちょっともちあげ過ぎじゃ無い?」と思われそうね。でも、私は物事を辛口目線でいつも俯瞰してみるクセが自然と身についているので、(口には出さずとも=ブログには書かずとも)なにかとうるさいんです。ふふふ。

それもこれも、一年中様々な国を旅し、色んなサービスを体験しているからこそ見えてくるモノ。どんな経験も蓄えとなると思っているので、ネット上でサラリと確認出来る情報よりも、現地で実際に体感しながら学びを重ね続けることは、これからもずっと継続していきたいです。

ヘルシンキ空港の自動化ゲートと「TAX FREE」免税手続きを体験!

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港で経験したことをもう一つ。それは、2015年1月より導入された「自動出入国審査機」による自動化ゲート体験!

ヨーロッパ各国に先駆け、日本人の空港利用者を対象とした自動化ゲートは、非常に便利。出国のみならず、入国審査でも自動化ゲートを利用してみましたが、かなり快適でした。(案内も分かりやすい!)

細かな詳細レポートを伝えたかったのですが、撮影NG箇所もあったので、詳しくはコチラも参考にしてみて下さい。

・・・で、Youは何をしにわざわざヘルシンキを出入国したの? と思われてそうですが、理由はアレですアレ! 「ヘルシンキ空港での免税手続きを乗り継ぎ時にうまく出来るか?」という実証をしたかったから。


※私の「TAX FREE」免税会社は26番ゲート近くのポスト投函タイプ(別の免税会社で働く日本語ペラペラの従業員に教えて貰った)

ヘルシンキ空港の免税手続き場所は、ここ数年でも移動しているようで(フィンエアー社員談)、限られた時間のなかでも免税手続きを実行すべく、ターミナル内を彷徨い探しましたよ-!

海外の「TAX FREE」免税会社って幾つも存在していて、自分の保持している免税書類とは異なる会社で手続きするとダメだったり、リファンド・チェック(免税書類)のポイントが漏れるとNGだったりするので、なにかとハードルが高いですよねぇ。

「現金での受取」「クレジットカードへの入金」「銀行小切手を自宅に郵送」3種類で還付金を受け取れる仕組みですが、私が英国買い物時に手に入れた「TAX FREE」免税会社に関しては、グローバルリファンド専用ポストに投函するパターン(要は無人だから後日入金タイプ)で・・・。

一応漏れずにチェック対応して投函したから大丈夫だとは思うのですが・・・4月初旬現在、まだ還付金を受け取っておらず・・・。だいたい3ヶ月くらいかかるという噂なので、淡ーい気持ちで楽しみにしてようかなぁと。

免税手続き場所などは、国や空港ごとに異なるので、これらの最新情報を集め続けることは、個人的にも興味深くて。「世界の空港免税手続き情報」なる分かりやすいウェブサイトでも立ち上げたならば、高いアクセスがとれそう。

フィンエアー発の長距離路線ビジネスクラスでは北欧料理のシグネチャーメニューが食べられる!

旅もいよいよ終盤。ヘルシンキ→成田(AY0073)17:20発へ搭乗。さぁ、最後のフライト時間も楽しもうではありませんか。

なによりも思うこと、ビジネスクラスの機内食ってやっぱり楽しい。

どうやら・・・フィンエアーは数日前の2016年4月6日にビジネスクラスの機内食をリニューアルしたらしい。(新しい機内食は、フィンランド人シェフのサス・ラウッコネン氏によるものみたいよ!)

でもね、私の写真は2月のものですが・・・。

「帰り便はコース料理の途中で寝ないぞ!」と決意したのに、早くも白ワインに心がぐらつく。

「ラバレのマリネ アクバビットで風味付けしたフェンネル シロマスの卵のムース」という前菜が登場。

「ラバレ? さて、なんだろう?」と思い調べてみたところ、北欧に生息する魚みたい。とても淡泊な味だけに、シロマスの卵のムースとあわせて頂くことで味の存在感が増します。

赤ワインも容赦なく数種頂くことに。(お酒はすこぶる強いのでご心配なく。)

メイン料理はトナカイのお肉! おぉ~珍しい!!!

肉女(ニクジョ=私たち肉好き女子仲間を表す)としては、心躍る最高の演出がようやくキター!!! 好き嫌いも分かれそうなトナカイのお肉ではありますが、私はペロリと完食。ジビエ感がハンパないので、そこはぐぐっと渋めの赤ワインでマリアージュしてみて下さい。

フィンエアーの機内食って本当に楽しいなぁー。(何度も呟いちゃうぞぉ。)

どうやら、先の機内食リニューアルに伴い、ヘルシンキ発の長距離路線のビジネスクラスは、フィンランドのオーガニック・アイスクリーム「Jymy(ユム)」に変わったらしいよ。


※大きめのマリメッコティーカップのデザインは「ISOT KIVET(イソト キベット)」

ということは、私がフィンエアーの機内でハーゲンダッツのアイスを食べられたのは、最後の貴重な経験であったということかな。個人的には、「Jymy(ユム)」を食べてみたいんですけどっ! オーガニックアイスという視点からも興味深いし、なによりテイストがキニナル。


(C) facebook/フィンエアー

あぁ、これはまた、「ビジネスクラスに乗って確認しなさい。」という神様のお導きでしょうか。(前向き)

妄想を続けているうちにフィンエアー機内販売もスタート。この存在感・・・カワイイ!!!

名残惜しい気持ちを胸に抱きながら、東雲と月が織りなす素晴らしいマジックアワー(但し日の出)に酔いしれる。

遙か上空から地球(大陸)を眺めながらいつも感じること。それは、地球には国境線などが一切見えず、常に壮大であるということ。

日々暮らす日常で喧噪的な事柄に揉まれ、誰かに期待をし裏切られ、争いごとも絶えなかったりするのだけれど、 飛行機のなかで過ごすほんの束の間の一時とは、まるで自分が異空間に放たれたかのようであり、冷静になれる貴重な時間でもあります。

「アノ空の何処かに母がいて、私をいつも見守ってくれているのかな?」と想像を巡らせながら、また明日から一歩ずつ頑張ろうというエールを与えてくれる空の懐に身を委ね、”母なる地球との大いなる空旅時間”を慈しむのです。

そんなおセンチな話なんて私には期待されてないと思うので、最後の朝食写真で切り替えましょう。

フィンエアーの旅の想い出は、1枚ずつデザインの異なる航空券にも。


(C) Instagram/izumanix

現在、日本の東京、名古屋、大阪とヨーロッパ間を最短最速で(北回りルート約9時間半)結ぶフィンエアー。

約1ヶ月後の2016年5月8日(日)からは、福岡発ヘルシンキ行きのフライトもスタート。日本に住む私たちにとって、北欧経由旅の利便性もますます高まることでしょうね。

この度、素晴らしい体験を提供して下さった、英国政府観光庁とフィンエアーの方々に改めて感謝申し上げます。そしてとりとめない長文ブログ記事に付き合って下さった読者の皆さまにも感謝!!! 私の旅は、また直ぐに始まりますので(海外にも行くよ!)、これからも期待して下さいネ!

※izuminその他連載記事はこちら。

[Photos by izumin]
[Finair(フィンエアー)]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP