ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【58分間、無音】だけど、これは音楽エンターテイメント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きているわけではない。

彼らの中には、肉体の内側から生まれてくる音楽が流れている。今まで広く知られることのなかった“聾者の音楽”に迫ったのが、この度公開される映画『LISTEN リッスン』だ。

引き金となったのは、
“メロディーのようなもの”

『LISTEN』の監督を務めたのは、聾者の親を持ち、自らも小学2年生まで聾学校に通った牧原依里。

大学の時に出会った手話詩に、「リズムではない“メロディーのようなもの”が視えた」という彼女は、聾者の音楽の映像化を模索するようになる。

その中で出会ったのが、この映画のもう一人のキーマンであり共同監督である舞踏家・雫境(DAKEI)だ。彼は日本聾者劇団を経て、舞踏の世界に入り、現在は世界を舞台に活動をつづけている。

二人がともに聾者の音楽を追求していく中で、この映画は生まれた。

それは、音楽だ!



『LISTEN』の上映時間は58分。その間、作品は完全に無音である。スクリーンでは雫境をはじめとする出演者たちが全身を駆使し、音楽を表現していく。ここでパントマイム的なパフォーマンスを想像するのは、イメージとして不十分だろう。単に視覚的な刺激だけではない何かが、スクリーンから響き伝わってくる。

出演者のひとりはこう語る。

「初めて音楽を習った時は嫌いだった

でも時が経つにつれて大人になって

その気持ちが変わってきた 何故なら

音楽というものが何なのかに気づいたからだ

心から自然と生まれてくる感情が

音楽を視た時の感情と同じだった」

音とは何か? 音楽とは何か? 無音の58分間が終わった後、きっと自分自身に問い直すことになるだろう。

『LISTEN リッスン』

共同監督・撮影・制作:牧原依里 雫境。

配給:アップリンク。5/14(土)渋谷アップリンクほか全国順次公開

URL:http://www.uplink.co.jp/listen/

Q.好きな映画のジャンルは?・エンターテイメント!・アニメ・ドキュメンタリー
Licensed material used with permission by アップリンク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。