ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋みなみの模写にテラフォーマーが「じょうじ(上手)」!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在公開中の劇場映画『テラフォーマーズ』のキャラクターであるテラフォーマー(テラ課長)を、原作コミックの大ファンである高橋みなみが模写するという、一風変わった大ヒット上映中告知が開催された。ベレー帽姿でテラ課長と対峙し「むずかしい!」を連発しながら、黙々とペンを走らせた高橋。完成したイラストは、わずか10分で描いたとは思えない出来映えで、当のテラ課長も思わず「じょ、じょうじ」と鳴き声をもらした。

物語の根底に流れるテーマは生きること!
高橋は、コミックのジャケ買いが趣味で、『テラフォーマーズ』も表紙のイラストに惹かれて1巻を読んで以来のファン。実際に本編を鑑賞し、原作にない部分も含めて「さすがは三池崇史監督!」と感銘を受けたそう。「原作独特の世界観が、どのようにスクリーンで表現されるのかとても楽しみでした。率直に、よくあそこまで再現されたな! と感動です。展開もスピーディで、一瞬も目が離せませんでした。注射を打って変異するんですけど、そのときの描写や、変異後の特殊メイクが本当にすごくて。ファ〜こうなるんだ〜! って」と、いまだ興奮冷めやらぬ様子。

また、登場人物それぞれが様々なものを背負って戦うという、物語の根底に流れるテーマを“生きること”と捉え、「生きるってすごくかっこいい」と感じたとも話す。「たとえば山下智久さん演じる武藤仁は、戦いの中で生きる意味を見いだします。仲間が次々と命を落としていく中で、生き残った者はそれを踏み越えて行かなければならない。本当に、生きるって大変なことだと思いましたし、すごくかっこいいことだとも思いました。私はこの映画を見てすごく勇気をもらえたので、何か悩み事を抱えている方とか、仕事に行き詰まってる方が見たら、きっと”自分も頑張ろう!”って思ってもらえるんじゃないかな」と、高橋。普段は漫画や映画をあまり見ない大人にもオススメだ。

小町たち同様、私もいろいろ背負ってます!
登場人物達と自分を重ねて共感する部分があるかという質問には、グループを離れて尚も抱くAKB48への深い愛情を感じるコメントを寄せてくれた。「私はAKB48を卒業したばかりですが、残ったメンバーたちに、背中を見せてあげられる存在になりたいと思っています。グループは離れたけど、グループにちゃんと恩を返せるように頑張っていかないと、と思っていて。振り返ったとき、そこにAKB48があることが、今自分が頑張る意味に繋がっているんです。と言うのも、残ったメンバーから見れば、“10年AKBにいた、たかみなさんが、卒業しても元気にいっぱい仕事をしている”と、思ってもらいたいんです。つまり、みんなの夢を背負ってるんです!」と、たかみな節は健在だ。

自分もバグズ手術のようなものを受けて、生き物の能力を移植するならどんな生き物がいいかという問いには、迷わず「猫です!」と答えた高橋。「きっと変異するときは、爪が伸びてシャッてやって戦うんでしょうね。ただ、猫って1日の大半を寝て過ごすんです。まあ、私も寝るのは好きなので、いいんですけどね(笑)」。映画『テラフォーマーズ』を誰と見に行きたいか?には「(篠田)麻里子様と行きたい」と。「スクリーンと本人を見比べながら楽しめるなんて、すごくぜいたくじゃないですか!」と、笑いながら回答。『テラフォーマーズ』もAKB48も、同じくらい大好きでたまらない高橋みなみだった。

現在GYAO!では、地上波で好評放送中のアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』をWEB最速で無料見逃し配信中。映画『テラフォーマーズ』と合わせて楽しみたい。また、定額制プランのプレミアムGYAO!利用者向けに、高橋みなみのAKB48としての最後のステージを収録した『祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in横浜スタジアム』を含む『AKB48高橋みなみ卒業コンサート』全3公演を、全編ノーカットで配信中。
■映画「テラフォーマーズ」大ヒット上映中

http://wwws.warnerbros.co.jp/terraformars/

■GYAO! アニメ「テラフォーマーズ リベンジ」特集

http://gyao.yahoo.co.jp/special/terraformars2/

配信スケジュール:毎週木曜正午更新

■「高橋みなみ卒業コンサート」全編配信中

http://gyao.yahoo.co.jp/special/akb4810/

配信スケジュール:配信中~2016年6月30日(木)




カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP