ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道直送の鮮魚を客の目の前でさばく100円台回転寿司

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“高くて”旨いは当たり前。そんな中、鮮度抜群、職人がさばいて握って、驚きの価格帯を貫く店をご紹介。“安さ”と“旨さ”を両立する、その秘密に迫った!

「魚をさばける職人が100円寿司をやったらどうなるか?」それにいち早く挑戦したのが、『ダイマル水産』だ。1か月に約2万人が訪れる店舗もあり、人気の秘密は、店頭でおろす100円台の鮮魚。魚種は幅広く、真鯛、あじ、ぶり、かつお、生だこなど、毎日10~15種、1日約50kgの魚を店でさばく。

 社員は皆研修を受け、まず魚のおろしかた、寿司の握りかたを修行。年に1回、社内で寿司の早握り大会も行われ、1分で10皿を握る強者も。店長を勤める立澤康裕さんは、寿司職人歴14年。1日に約50kg分の鮮魚をさばく日もある。

「おろしたての生サーモンはひと味違うよ。春は真鯛やかつおも旬。ぜひ、おろしたてを味わってみて!」

 同店の水産担当マネジャー・野澤哲矢さんは、この人材力こそ、安さを底上げできる秘密と話す。

「北海道ぎょれんと提携し、市場を通さずに、鮮度のいい魚が毎日安く届きます。100円寿司は、通常は切ったネタをのせるだけの店が多いですが、魚をおろせる職人が各店舗にいるからこそ、さばきたての鮮魚を100円台で提供できる」

 高級回転寿司と100円寿司の中間を狙った、革命児の登場だ。おろしたての生サーモン(151円)は身がしっとり柔らか。まずは店内のボードやタッチパネルで、『おろしたて鮮魚』をチェック!

●魚卸回転寿司 ダイマル水産 飯能店
住所:埼玉県入間市野田1503-1
寿司:約90種、サイドメニュー:約20種
店舗数:8店

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
「高級鮮魚をお値打ちに」を謳う築地鮮魚店 上手な買い方は
世界一に輝いた寿司職人が握る 100円台の珠玉の回転寿司
回転寿司新潮流にグルメ系100円寿司や「ハイテク無回転」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP