ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今すぐやめたいNG言葉 「やばい」「私的には」「すごい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大人として身につけておきたい正しい言葉遣い。言い方を少し替えるだけで、相手への伝わり方、印象が変わる。特に気になるのは、“言葉の短縮”と“意味のない丁寧語”だ。

「やばい」「やっぱ」「てゆうか」など、特に女性が言うと品格を損なう言葉は要注意。

 また、「~のほう」「~の形」など、丁寧に伝えようとするあまり、余分な言葉がつくケースも多い。間違いだと自覚して、気をつけることが大切だ。著書に『美しい日本語の作法』(小学館)などがある小笠原流礼法宗家の小笠原敬承斎さんはこう語る。

「最近は自分の子供を『~ちゃん』『~くん』と公の場で呼ぶかたがいらっしゃいますが、避けていただきたい。相手のお子さんは、『ご子息』『ご息女』と呼びます」(小笠原さん)

 今すぐやめたいNGワードを小笠原さんに選んでもらった。

■「やばい」
 最近は、悪いことも良いことも、このひと言で済ませがち。他に、でかい、うまいも品格を損なう。

■「私的には」
「私は」で良いのに、丁寧にしようとするあまり、間接的な表現になり間違った使い方に。

■「すごい~」
 形容詞や動作、容態を修飾する場合は「すごく」が正解。「すごいかわいい!」などはNG。

■「~のほうになります」
「商品のほう」などと使われるが、「~のほう」は方向、選択、比較するものがある場合のみ使う。

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
正しい言葉遣い 「とんでもございません」どこが間違い?
正しい言葉遣い 「なるほどです」ではなく「左様でございます」
“統一球最大の被害者”巨人・小笠原 限界説を払拭できるか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP