ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

過去最多37社出展!神宮外苑が試乗コースに【PREMIUM BIKE IMPRESSION】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・神宮外苑では8日に、【PREMIUM BIKE IMPRESSION(プレミアムバイクインプレッション)2016】が行われました。ヨーロッパやアメリカ、日本などの有名スポーツバイクブランドがブースを出展し試乗体験ができるイベントで、今年で4回目の実施。昨年は1日で約6,000人が来場しました。

 

イベントを運営する枻(エイ)出版社は「試乗会は毎年1,500人近くが参加します。屋外の一般道をじっくり走れるのがこのイベントの魅力」と語りるだけあり、来場者が、神宮外苑を試乗コースとして楽しむ姿が見られました。


BICYCLE PLUS(バイシクルプラス)エイ出版社
Fujisan.co.jpより


BiCYCLE CLUB(バイシクルクラブ)エイ出版社
Fujisan.co.jpより

初夏といえばロードバイク

今月6日から29日まで、サイクルロードレース最高峰の大会『ジロ・デ・イタリア』が開催されます。3週間かけてイタリアを1周するこの大会は、フランスの『ツール・ド・フランス』、スペインの『ブエルタ・ア・エスパーニャ』と並ぶ3大ツール。その中でも、厳しい山を上り下りする『ジロ・デ・イタリア』は最も過酷なレースと言われています。

 

そんな『ジロ・デ・イタリア』開催など、ファンにとって、サイクルロードレースが盛り上がるこの時期。天気が良いのも相乗効果となり、試乗受付場にはサイクルウェア姿の参加者が大勢見られ、試乗時間前から行列ができていました。

 

日本では漫画「弱虫ペダル」の影響もあり、年々注目されているスポーツバイクは、女性サイクリストも増えており、多くの女性が来場していました。

意外?!家電ブランド企業も出展

今年の出展メーカーは37社で、昨年から3社増え過去最多。朝からたくさんの自転車乗りが訪れ、各出展メーカーのブースを見て回っていました。

 

なかには、生活家電で有名なパナソニックもブースを出展。同社のスポーツバイクは、大手企業が持つ国産の品質と、試験のクオリティーの高さが特長です。マシンは430mmから610mmまで10mm刻みでサイズを用意し汎用性の高い部品を採用することで、乗り手が自由にカスタムできる楽しさを提供しています。

 

担当者は「素材は主流のカーボンではなく、チタンやクロモリを使用しています。体に合う自転車に乗ることで負担軽減につながる。ロングライドに最適」と話してくれました。

カーナビやAV機器でおなじみのパイオニアも参加。こちらは自転車本体ではなく、ペダリングの数値を測るサイクルコンピューターを販売しています。

 

ブースではペダリングモニターシステム体験会を開催。ペダルの左右に取り付けた歪みゲージでペダリングを測定し、マシンに取り付けたサイクルコンピューターに無線で情報を送ります。

 

「効率の良いペダリングをするために、プロレーサーも使用しています。自分のフォームを調節でき、後でパソコンで見て解析することも可能です」と担当者。

五月晴れの神宮外苑を憧れのマシンで疾走

晴天に恵まれたイベント当日。試乗コースを走る参加者は、性能や乗り心地を確かめながら楽しんでいました。

 

都内在住の50代男性が試乗したのはアメリカの人気ブランド『トレック』。150万円以上するマシンに「びっくりするくらい乗り心地が良い。自転車に乗っている感じがしなかった」と興奮しながら語っていました。

 

個性あふれる各スポーツバイクメーカーやマシンが一堂に会した【プレミアムバイクインプレッション2016】。五月晴れのこんな日は、ジロ・デ・イタリアを観てから箱根にでもツーリングに行く。そんなサイクリングライフも素敵ですね。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP