体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【講習で取れる資格】建築現場や工場・倉庫業務で必須! 『フォークリフト運転技能講習』を取得してきました!

必要書類が揃ったら、技能講習教習所に、電話かメール、FAX、web等で申し込みを行います。

今回は、希望通り、最寄りの技能講習教習所を予約する事が出来ました。記事ネタ的には面白くないですが、遠距離受験はマジでシャレにならないので、良しとしましょう。

受けてきました『フォークリフト運転技能講習』講習!

講習初日の朝、少し早い朝食を取り、講習会場に向かいました。技能講習教習所は、どこも遅刻厳禁です。余裕を持って出かけましょう。

chikoku_syougakusei_girl

講習1日目(学科講習)/講習2日目(学科講習及び試験)

キャプチャ

『フォークリフト運転技能講習』の学科講習は要所要所で、「ここ重要ですよー!」みたいな感じで進んで行きますが、ペース配分的には想像以上に結構ガンガン飛ばしていきます。覚える内容が結構多い。

よくネットでは、『フォークリフト運転技能講習』は合格率が高いので、寝てても合格する、みたいな事を書かれている所もあるようですが、これから『フォークリフト運転技能講習』の講習の受講を考えている人へのアドバイスとしては、

「寝ていては受かりません。少なくとも、講習中はフルの集中力を駆使して全力で受講しましょう」

akubi_girl

・・・とこれだけは肝に銘じて受講される事をオススメします。

『フォークリフト運転技能講習』の学科の内容は、走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)/荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)/運転に必要な力学に関する知識(2時間)/関係法令(1時間)を2日に分けて学びます。

lgi01a201403250400

講習の内容は、ある程度、常識の範疇で分かるものもあるのですが、講習で初めて覚える事も多く、脳がフル回転しました。

学科の内容としては、いくつか抜粋すると、以下のような内容になります。

フォークリフトの特徴について(フォークリフトの特徴はきっちり覚えましょう)

chikaramochi
前のページ 1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。