ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語が通じなくてよかった3つの出会い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英語が通じなくてよかった3つの出会い

旅をする上で「言葉が通じなかったらどうしよう」って不安ですよね。長期旅行から帰国して、「言葉が通じなくても旅って出来るの?」とよく聞かれます。

それくらい皆さんのイメージの中に、旅をする=高いレベルの語学力が必要というイメージがついているようです。

 

私は英語圏で3年生活をしていたので英語に不自由はありませんでしたが、旅をした多くの場所は英語すら通じない国がたくさんありました。

そのような国々で、言葉が通じなかったからこそ体験できた温かい出会いがありました。言葉が通じなくても、コミュニケーションって取れるんです!

 

ボスニアで出会った、日本を知らない青年

DSCF4803コピー

ヨーロッパのボスニア・ヘルツェゴビナに行った時のこと。首都のサラエボにバスで到着すると、標識は全てアルファベットでもない謎の文字でした。

あらかじめ調べていた宿に行くためにバスに乗ることは分かっていたのですが、どのバスも表示が読めず、周りのおばちゃん達に話しかけるも英語が全く通じず。

 

DSCF4798コピー

ぱっと隣を見ると強面の10代の男の子が立っていました。恐る恐る話しかけてみると、かろうじて英単語が通じた彼は、周りのおばちゃんと私の通訳を必死にやってくれて、私と同じバスに乗ってきました。

そして10分ほどの車内で片言の会話をし、私の降りるバス停で彼も降りてきました。近所なのかと聞くと、実は私の為に同じバスに乗り、一緒に降りてくれていたのです。

 

そして私を宿の入口まで見送ると、さっと手を振り帰っていきました。

海外にも行ったことがない、日本がどこにあるかも分からない、片言の英語で話す彼との会話はとても温かく心に残りました。

 

“怖い”コロンビアの優しいおばちゃん達

P2123037

私にとって初めての南米はコロンビアからでした。

コロンビアという国に”怖い”という先入観を持っていた私は、ボゴタの空港に着くなり、言葉も通じないことに更にビクビク。

 

P2113007

予約していた宿からのメールで、そのエリアへは「〇番乗り場から黒いバスに乗ってください」と言われていたのですが、何種類か行先のある黒いバスに驚きを隠せませんでした。

すると近くにいたおばちゃん2人組がスペイン語で話しかけてきました。住所を見せると、2人は自分達の乗るバスを見送ってまで私についていてくれて、全然分からなかったけど色々話しかけてくれました。

 

両替したてで大きいお札しか持っていないと分かると、自分達の持ってるお札を見せて「おつりはコレとコレをもらうのよ」みたいなことを教えてくれました。

私の乗るバスが来ると、ドライバーに私のことを説明してくれて、もう1人は私の荷物を持ってバスの席を確保。そして満面の笑みで見送ってくれました。

もしスペイン語が分かっていたら、乗るバスを聞いてすぐバイバイしていたであろう2人のおばちゃんは、この後も経験するコロンビア人の親切心の代表的な存在になりました。

 

ウィンクで見送ってくれた、モロッコの警備員さん

DSCF1347 (2)

大好きになり3週間もいたモロッコの最終日。スペインとのフェリー発着の地のタンジェに、カサブランカから夜行バスで到着しました。

時間は朝5時で、真っ暗なバスターミナルにはモロッコ人の男性がたくさんいました。外国人の女性は私1人で、皆ジロジロ見てきてちょっと怯えていました。

 

すると警備員室から警備員のおじさんが私に手招き。アラビア語しか分からない警備員さんは一言”Danger”と言って、中に入るように言ってきました。

中に椅子を用意してくれて、「どこに行くの?」(たぶん)と聞かれたので行先を見せると、チケット売りのお兄さんを直接呼びチケットを買ってくれました。

バスの時間まで無言だったけどたまに微笑んでくれて、バスが来ると一緒に乗り場まで来てくれました。

 

DSCF2622コピー

近くの売店でPOMS(モロッコで気に入ってよく飲んでたリンゴの炭酸ジュース)を買って私に持たせ、”Come back!”と言い笑顔とウィンクで私を見送ってくれました。

すでに大好きになっていたモロッコで、最後の最後まで温かさに触れられた瞬間でした。

 

言葉よりも心に残る温かさがありました

確かに海外へ行くとき、その現地の言葉や世界共通語として認識されている英語が出来るに越したことはないと思います。

しかし、英語を武器に旅立った私が学んだのは「言葉が出来ないからこそ、心から通じ合える」ってことでした。

 

だって、お互い共通言語がなくて分からないけど、でも何かを伝えたいから、必死に心を通わせようとしますよね。その感覚は言葉が出来ないからこその経験です。

なので、言葉を不安材料に思っている人がいれば、出来ない人にしか分からない得られるものがあるということを分かってもらえたら嬉しいです!

言葉より、話そう!伝えよう!という気持ちを持って旅立ちましょう!

 

All Photo by Ayumi Hara

関連記事リンク(外部サイト)

ミッフィーの生まれ故郷、可愛らしさ溢れるオランダでミッフィーを探してみた
旅していても美しく!女性が旅行に持っていきたい美容グッズ4選
安藤美冬さんと行く!女子旅森林セラピーツアー2日目
あなたの恋が成就する。神秘的な世界の恋愛スポット10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。