ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲氏が逝去、日本人で初めて米グラミー賞にノミネート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲氏が、5月5日午後 慢性心不全のため東京都立広尾病院で逝去した。享年84歳。葬儀は、5月7日、8日に親族のみで執り行われた。

冨田氏は、日本コロムビアで作曲家としてのキャリアをスタートさせ、NHK大河ドラマの第1作や手塚治虫アニメの音楽などを多数手がけた。1970年代からは、シンセサイザーをいち早く導入し、「月の光」や「惑星」など数々の野心的なアルバムを発表。日本人で初めて米グラミー賞にノミネートされるなど、世界的な評価を得た。

近年は、2012年にバーチャル・シンガーの初音ミクをソリストに組み込んだ「イーハトーヴ交響曲」を発表し、国内外で上演を重ね話題に。また、今年11月に上演予定の新作「ドクター・コッペリウス」の創作活動を逝去の直前まで行っていた。

なお後日、お別れの会が執り行われる予定となっている。

関連リンク

冨田勲 Websitehttp://columbia.jp/tomita/
冨田勲 Facebookhttps://www.facebook.com/officialcolumbiaIsaoTomita

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP