ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今どういった状況なの?みんなの高校卒業後の皆の進路

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学や専門学校へ進んだり、就職して社会へ出たりなど、卒業後は、さまざまな進路があります。高校生は、卒業後いったいどのような進路をたどっているのでしょうか。

高校生のほぼ半分が大学へ進学

学科を問わず集計をとった文部科学省のデータによると、大学進学率は53.8%、専修学校・公共職業能力開発施設等は23.1%、就職17.4%、その他が5.7%でした。大学全入時代と言われて久しいですが、今でも半分以上の高校生が大学に進学しているようです。

学科によって変わる進路の考え方

普通科高校に限っては、大学進学率が63.2%と全体よりも約10%高く、その一方で就職率は8.3%と全体よりも約10%低いという結果です。専門高校別では、工業、水産系では大学進学率が15%である一方、就職率が65%前後あり、卒業後は、社会に出て働くという意識が強いことが分かります。普通科高校と専門高校では、進路の対しての考え方が、まったく異なりますね。

大切なのは、自分の意識

毎年約100万人いる卒業生のうち、なんと75万人が普通科高校の卒業生。データだけを見ていくと、かなり大学進学に偏っていることがわりますね。どんな進路へ進んだとしても、結局、最後大切になるのは自分の意識。学ぼうという姿勢がなければ、成長はありません。さて、あなたは、いったい、どんな進路を選びますか?

関連記事リンク(外部サイト)

高校生のうちに読んでほしい!良質な小説2選
【第1講】「K+S=HK」ってなに!?ロンブー淳が教える、恋を成就させる魔法の方程式!
何を着ればいいの?高校生の修学旅行おすすめ私服の選び方

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP