ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手を握りサポートしてくれた義母。そして母、主人、妹も…家族みんなに支えられた出産

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠がわかったのは妊娠5週目。

ドラマのように、つわりで『妊娠したかも』と気づくところから始まりました。

そこからは地獄。

食べられない、飲めない。

そして、力が入らなくなり動けなくなりました。

つわりはひどくなり入院するまでになりました。

毎日泣いて泣いて、なんでこんな思いしないといけないのかとうつ状態にもなりました。

入院中、主人も私の家族も主人の家族もたくさんお見舞いに来てくれたり、食べられそうなものがあれば差し入れてくれたり、そばにいて励ましてくれたり。

入院する病院を途中で変更したのですが、そのとき紹介状の手続きや、新しい病院に運んでくれたり。

退院後も軽いですが出産までつわりが続きました。

その間も家事を手伝いにきてくれたりしました。

仕事もしてたのでかなりしんどかったです。

もうすぐ産休というときに、いろいろがんばり過ぎてつわり悪化。

反省しました。

おなかの中の子を守れるのは、今はわたしだけなのに、体に負担をかけてしまった。

それからは仕事もセーブして、頑張りすぎないようにしました。

つわりは無くなりませんでしたが、ストレスが減ることで以前より軽くなりました。

つわりのときは、ストレスを抱えないことが1番なんだと実感。

その後、インフルエンザにかかったりもしましたが、無事に産休に入りました。

そして、来た!!陣痛!!

主人が出勤前だったので病院に送ってもらい、主人は一旦仕事へ。

そのあと、すぐ義母がきて、水分補給を手伝ってくれたり、体をさすってくれたり。

陣痛が強くなる間、ずっと手を握っててくれました。

折れるかもってくらい握ってしまったくらいです。

次に母がきて、主人がきて、義母と同じようにサポートしてくれました。

妹がきてビデオ担当に。

まさかこんなに大勢の立会いになるとは…。

病院について五時間。

産まれました!!

その後少ししたら、義父も到着。

家族全員集合です。

つわりがしんどかった分、噂に聞くほど出産は辛くなかったです。

あっという間でした。

出産後は、つわりもなくなり、ごはんも美味しく食べられました。

最初から最後まで、みんなに支えられての妊娠出産になりました。

著者:ゆっちっち♪

現在第二子妊娠中。またまた絶賛つわり中。今回もきつい…。けど、産まれたときの嬉しさは覚えてて、やっぱり産みたいので、つわりと格闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

周りと赤ちゃんにありがとうの出産
バースプランと全然違う?!でも旦那の「落ち着いて行こう」の声が耳に届いて
5年の治療、6度の流産を経て出産。「頭が見えてきたよ」の声に感極まって涙…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP