ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビートたけしが事務所の若手コンビに送った助言の真意は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『THE MANZAI』(フジテレビ系)で、オフィス北野から初めて決勝に進出したお笑いコンビとして注目を集めた「馬鹿よ貴方は」。優勝を逃した後、ビートたけしから個別指導があったという。指導内容やネタ作り、話題となった要潤ネタなどについて、平井“ファラオ”光(32才)と新道竜巳(39才)の2人に聞いた。

――ビートたけしさんから、どんな指導がありましたか?

新道:つい最近も、“『走れメロス』のネタをやったらどうか”という話をしていただきました。誰でも知ってる話なんだけど、そこまで触れられていない議題でやったほうがいい、という意味だと思います。

『走れメロス』は誰でも知ってるけど、その題材の漫才は見たことがないな、という。『走れメロス』の漫才じゃないといけない、ということではないと思います、おそらく。

ファラオ:疑問を持たれてこなかった、矛盾のある話を狙っていったほうがいいんじゃないか、というニュアンスだったと思います。

――なぜたけしさんがおっしゃったことの意図を想像してるんですか?

新道:たけしさんは喋りが早いし、こっちが緊張しちゃって、掘り下げられないというか「こういう考えでいいですか?」と確認しづらいんです。一通り聞いたら、「そうですね」って言っちゃう自分が嫌なんですけど、そこから抜け出せない。

「たけしさん、今日は面白かったですね」って何度も話しかけたりして、距離を縮めてから、ご飯とか連れて行ってもらいたいですね、一度もご一緒していないので(笑い)。

ファラオ:初めてたけしさんにご挨拶に行った時、緊張して、言われたことを覚えてないんですよ。とにかくあいさつに行けたから、この場は良いだろうと納得しちゃって。でも、そろそろ舞台上で面白いことをして、たけしさんに印象を持ってもらいたいと思っています。

――たけしさんの凄さを感じますか?

新道:それについて結構考えたことがあって、たけしさんがすごいというか、こっちがテレビで見過ぎているんです。テレビ越しで見ていた人が実際に目前にいると、勝手にオーラを見始めるんじゃないかって。つまり、こっちが構えているんです。そこから外していかないとダメだなって思いました。

ファラオ:『THE MANZAI』で決勝が決まった時に初めてお会いしたんですけど、たけしさんは人見知りするかたなんだな、という印象を持ちましたね。挨拶に行ったら、「おっ」という返事で、間が長かったんです。後日、別の機会にお会いした時、「あの時は、新興宗教の勧誘(ファラオ)と普通の人(新道)が来たかと思ったよ」と言われました(笑い)。

――要潤さんが、お2人のDVD発売イベントに送られたビデオメッセージで、「会いたい」と言っていましたね。

ファラオ: DVD発売のすぐあと、昨年の春に、楽屋にご挨拶に行きました。

新道:「どうして要潤をネタにしたんですか?」と聞かれたのですが、緊張して頭が回らなくて、「要潤の文字数が気になったからです」と素直に言っちゃって。全然褒めていないので、何とも言えない表情をしていました。

ファラオ:手土産でカステラを渡したんですけど、60点くらいの笑顔をされました。気さくというか、しっかりしている感じの方でした。そのあとTwitterで、ぼくらのことを応援しているとつぶやいてくれて、嬉しかったです。

新道:「単独ライブをやったら出演してください」と言ったら、好意的な感じだったんですが、「ギャラは5000円で」と言ったら微妙な顔をされました。芸人さんなら5000円で出てくれるので、つい(苦笑)。

ファラオ:ネタをしなくても、仮面ライダーのポーズをしてくれるだけで、お客さんは満足してくれそうですよね。なんなら通り過ぎるだけでいいので、共演したいです。

 要潤ネタじゃないですけど、『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で「大丈夫、大丈夫」と繰り返すネタをしたのですが、小学生の間で流行っているそうです。最近ではそれが、昨年でいう要潤のように広がったネタですね。その小学生は精神的に大丈夫じゃないと思いますが、嬉しいです。

――ネタは新道さんが作っている?

新道:はい、ほぼ毎日。バイトやライブへの電車移動中にスマホに打って、メールでパソコンに送って、家で編集して、プリントアウトして相方に渡します。昔ながらのノートって時間がかかりやすいので、この方がネタ数が作れるのかなって。ネタはフォルダーに保管しています。

――何か新ネタは?

新道:“要潤、第二弾”も作ったんですが、それは人前で披露する前に、相方にボツにされちゃったんです。

ファラオ:そのネタ、見た覚えもないです。

新道:ぼくはまとめて10本とかドカッと出すので、印象に残らないとボツになります。ネタは、思いついたことを広げる感じです。今日だったら、取材を受けに来たこのビルの床が印象的なステンレス風だったので“入口ステンレス風”って漫才にしようかなって。気になったらすぐネタにするんですよ。

【馬鹿よ貴方は(ばかよあなたは)】
ネタ作りとツッコミを担当する新道竜巳と、ボケの平井“ファラオ”光により、2008年に結成。『THE MANZAI2014』で認定漫才師50組に選出され、オフィス北野への所属が決定。(※告知入ります)

【関連記事】
ガダルカナル・タカがフライデー事件の真相について語った本
たけし主演作でヒロインの忽那汐里のクールな表情
12年ぶりたけし主演作 会見で見せた忽那汐里のシースルー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。