ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

平日限定挙式、ご祝儀で代金後払い…話題の「格安結婚式」あなたはどう思う?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
111012marriage01.JPG

『ゼクシィnet』によると、結婚式の全国平均費用総額は約325.7万円、平均招待人数は約73人だそう(データ出典:『ゼクシィ結婚トレンド調査2010』)。
結婚式はおめでたいことだけれど、やっぱりお金がかかる印象がありますよね。

実際に私の周囲では、入籍しても結婚式は行わないか、行っても身内のみで式だけ、披露宴はなし。あとは本当に親しい友人だけでの会費制お披露目会、というとても身軽なものばかり。通常通りにホテルで挙式する友人もいますが、それはほとんど両親の意向で、援助ありの場合が多い気がします。
当人たちに理由を聞いてみると、「お金を他のところに使いたいから」「派手なのは苦手、ささやかにいきたい」「自分たちはしなくていいけれども両親のために」など、かなり結婚式に対して費用をかけることに消極的のよう。
基本的には経済的な理由が大きいのかもしれませんが、結婚する年齢が上がったこと、再婚や出来婚が多くなったことなども、結婚式にお金をかけなくなっている要因かと思われます。
そんな背景があってか、最近は「格安結婚式」なるものが話題となっているようです。
 
挙式+披露宴が自己資金16.8万円で叶う」を提唱しているのが、株式会社メイションの『スマ婚』。
公式サイトによると、今まで当然のようにかかっていた中間マージンを徹底的に排除して実現したのが、この価格だそう。思わず「本当!?」と疑ってしまうような安さ! と思ったら、実際は従来の半額くらいの値段で、あとは出席者のご祝儀でまかなえる、というサービスのようです。
個人的には、代金をご祝儀で支払うことに抵抗ある人もいるかも、などと思ってしまいますが……それでも半額は確かにお得!
また、「式を挙げること」にこだわったプランを提供するのが、株式会社ユニクエスト・オンラインの『ファスト婚』。
こちらは、式を挙げる日を式場の稼働率が少ない平日に限定することで、低価格を実現しているサービス。家族だけで式を挙げるとか、土日が前提の、大勢で行う披露宴を考えていない場合などは重宝するかも。
結婚式も多様化が進み、成田空港や大阪城などでの挙式が話題になったりしていますが、個人の事情にあわせてサービスを細かく選ぶことができるようになるのは、まさに時代の流れなのでしょうね。
毎日jp
(兎月のぞみ)


(マイスピ)記事関連リンク
10年ほど前、霊能者の話のつづき[ヘルスピ・ロックンロール]
NEWSを脱退した山Pはソロ活動のほうが向いている!?
美しい日本の秋の紅葉をスピリチュアルに楽しむ! 全国の紅葉鑑賞イベントまとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。