体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】ロンドン最終日はここで決まり!オトカーコレクションの5つ星ホテル

英国を旅しながらいつも感じるのは、伝統の中に新しさが融合していて、人々の心を引きつけてやまないということ。言葉にしてしまうと簡単ではあるけれど、古き良きものを守りながらも新たな気持ちにへと昇華してくれるような不思議なパワーを持っているのです。

【連載】旅の〆はここで決まり!ロンドン5つ星ホテルでディナー

ロンドンを代表する名門ホテル「The Lanesborough(ザ・レインズボロウ)」も、そんな例の一つ。

【連載】旅の〆はここで決まり!ロンドン5つ星ホテルでディナー

2013年12月より約1年半かけて、全93室のゲストルーム(うちスイートルーム43室)やパブリックスペースなど、ほぼ全てのエリアのリノベーション工事を終えて、2015年7月にリニューアルオープン。

xhttps://youtu.be/RCP4JOKyHoA?list=UUb6T7RcbXltlDCO5G9LpXdA

【Building The new Lanesborough】

世界中の最高級ホテルを集めたオトカーコレクションに加盟する9軒のラグジュアリーホテルのひとつとしても知られており、バトラーサービスの発祥は、この「ザ・レインズボロウ」だとも言われています。

■「オトカーコレクション」とは?
世界中の厳選された最高級ホテルが集まるグループで、現在世界で9軒のラグジュアリーホテルが加盟。※オトカーコレクションでの「ザ・レインズボロウ」紹介ページはコチラ。

実は、マドンナ、ジム・キャリー、レオナルド・ディカプリオらのセレブリティからも愛されるホテルとしても有名。今回の英国旅では宿泊は叶わなかったものの、素晴らしい空間でディナーを頂いてきたので、記録に残しておきます。

華やかで美しい空間に踏み入れた瞬間、貴方の心を魅了してしまう

ディナーに利用したのは、「セレスト」と名の付いたレストラン。先ずはその煌びやかで荘厳な内装に目を奪われ、訪れる者を心を瞬時に奪ってしまう。

【連載】旅の〆はここで決まり!ロンドン5つ星ホテルでディナー

【連載】旅の〆はここで決まり!ロンドン5つ星ホテルでディナー
(C) Instagram/the_lanesborough

最上の料理とサービスを提供する時には、生きた音楽も欠かせない。

【連載】旅の〆はここで決まり!ロンドン5つ星ホテルでディナー 【連載】旅の〆はここで決まり!ロンドン5つ星ホテルでディナー 【連載】旅の〆はここで決まり!ロンドン5つ星ホテルでディナー

キッチンには、今パリで最も敬愛されるミシュラン3つ星シェフで「ル・ブリストル・パリ」の総料理長を務めるエリック・フレション。また、技術を踏襲するフロリアン・ファヴァリオをエグゼクティブ・シェフに迎え、その腕を振るいゲストを魅了してくれるとは・・・期待が高まる。

【連載】旅の〆はここで決まり!ロンドン5つ星ホテルでディナー
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy