ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Note 6にスペックを下げたLite版の存在が噂される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Note スマートフォンの次世代モデル「Galaxy Note 6」で、スペックを下げた Lite 版の噂が浮上してきました。これは、Weibo ユーザーが証拠も無しに伝えていた情報なので、現時点で信憑性はかなり低いと言えますが、伝えられているところによると、Lite 版では、ディスプレイの解像度、プロセッサ、メモリの仕様が通常版から下げらられているそうです。通常版とは、5.8 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 823 クアッドコアプロセッサ、6GB RAM、4,000mAh 以上のバッテリーを搭載しており、今回の Lite 版では、5.8 インチ 1,920 x 1,080 ピクセル(RGB 配列)の AMOLED ディスプレイ、Snapdraogn 820 クアッドコアプロセッサ、4GB RAM、を搭載していると言われています。そもそも Galaxy Note 6 のスペック自体がまだ確認されていないので、もし Lite 版が存在する場合でも今回伝えられたスペックでは発表されない可能性もあります。Source : Weibo

■関連記事
1ShopMobileがNextbit Robinの取り扱いを開始、定価よりも安い$329で販売中
Android 6.0版BlackBerry Privでは電源ボタンの2回押しでカメラが起動
Google、5年も前から存在していたAndroidの脆弱性を5月のセキュリティパッチで修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP