ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作家・野地秩嘉さんが最後の晩餐に選ぶ思い出の「にら玉」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もしも、「人生最後の日」に何かを食べるのであれば、何が食べたいだろうか──。ノンフィクション作家の野地秩嘉さん(58才)に投げかけたところ、返ってきたのは「祖父と作ったほんとうのにら玉」という思い出のご飯だった。

 食に関する多くの著書を持つ野地さん。今まで食べたどんな料理も比較にならないと選んだ逸品がある。

「小学生の頃、3月になって私道に植えたにらが育ってくると、祖父が作ってくれました。産みたての小ぶりの卵3個をボウルに割り入れます。私が刻んだにらを入れて混ぜ、しょうゆを入れる。炊きたてのご飯を丼によそって、ご飯があったかいうちに、たっぷりかける。そのままご飯をかっ込みます」

 にらに卵の殻を混ぜたものを食べためんどりの黄身は、緑がかっていた。

「にわとりを自宅で飼っている人だけが食べられる料理です」

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
辰巳琢郎の「最後の晩餐」 ご飯と塩昆布や梅干し、ほうじ茶
整腸作用や風邪予防の効果もある「にら卵雑炊」のレシピ紹介
大空眞弓 卵は人生のパートナーでお葬式は「卵葬」希望と語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP