ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【在住者おすすめ】おやつからお土産まで!NYセブンイレブンの魅力8選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本にあって、NYCで少ないものって何だと思いますか? 正解は、「コンビニ」です。

筆者が東京に住んでいた時は、徒歩5分以内に3軒はコンビニがありました。本当に、便利でしたね。不要なものもつい買ってしまうリスクもありましたが(笑)。NYCは昔ながらのデリがほとんどで、コンビニが少なかったのです。地方都市には多いらしいですけど。

ですが、ここ2-3年急激にセブンイレブンが増えてきて、嬉しい限り。「お! セブンイレブンが出来た」って喜ぶあたり、NYCってもしかして田舎? 日本と違って、おでんや肉まんはありませんが(笑)、手軽に買えるスナックがありますよ。

NYCのセブンイレブンの魅力をご紹介。


(C) Sara Aoyama

おやつを調達しよう

手頃な値段で買える、ドーナッツや甘いペストリー類。自分で好きなものを選んで、レジへ持っていきます。筆者のお気に入りは、ふわふわのグレーズド・ドーナッツ。99セントとお安く、キャンペーンの時は、2個1ドルになることもあります。


(C) Sara Aoyama

1個だけ買っても良いですが、2個で$2.22なんて言われると、つい2個買ってしまいますね。


(C) Sara Aoyama

小腹が空いた時に、暖かいスナックをどうぞ

1ドルほどで買えるミニタコスやモッツアレラ・スティック。ちょっとだけ口寂しい時にも、使い勝手が良いです。


(C) Sara Aoyama

オリジナル商品をお見逃しなく

セブンイレブンで気になるのが、オリジナルのドリンク、お菓子、アイスクリーム、スナック類。様々な味のポテトチップスや、ピーナッツは、パッケージもカラフルで、お手頃価格。お土産にもオススメですよ。

写真はオリジナルソーダ。色も味もアメリカンです。


(C) Sara Aoyama

コーヒーもオススメ

値段が安い割に、美味しいセブンイレブンのコーヒー。種類も色々あり、「NY風」「コロンビア」「レギュラー」「キャラメル」など楽しいです。

キャンペーンの時には、1ドルで飲めることも。コーヒーに入れるものは、ミルク、ハーフ&ハーフ(ミルクと生クリーム)、ローファットのミルク、砂糖もレギュラーのほか、ダイエット用など数種類あります。欲しい大きさのカップを選んで、セルフサービスでどうぞ。2種類混ぜて、オリジナルブレンドにしてもOK。


(C) Sara Aoyama

宅配便を受け取れる「アマゾン・ロッカー」

アマゾンでオーダーした商品を受け取れるアマゾン・ロッカー。留守にしがちな人でも心配なく、商品を受け取れます。返品も出来るそうです。詳しくはこちら。


(C) Sara Aoyama

大人気のスラーピー

セブンイレブンの人気商品といえば、かき氷風ドリンク「スラーピー(Slurpee)」。なんと50年前からあるそうですよ。好みのサイズを選び、専用マシンでセルフサービス。ダイエットが気になる方(スラーピーはかなりの高カロリー)は、Liteをどうぞ。

アメリカのセブンイレブンは、セルフサービスが基本。セブンイレブンの商品の値段が安いのは、この辺にポイントがありそう。

■関連記事
世界中で人気!海外セブンイレブンの定番「スラーピー」が日本にもあるらしい
http://tabizine.jp/2014/11/08/23187/


(C) Sara Aoyama

筆者が選んだのは、「レインボー・ベリー(Rainbow Berry)」。スモールサイズで十分です。この味、何かに似てるなあと思ったら、駄菓子の粉ジュースで口内でパチパチするやつ。駄菓子的な味なので、子どもの頃から好きな人が多いようです。


(C) Sara Aoyama

自分の好みの容器を持参する、Bring Your Own Cup Day

毎年3月に行われる、「自分のカップを持参しようデー」。遠慮のないアメリカ人、様々なカップを持ち込んでいます。スラーピーって、かき氷のソフトバージョンでお腹が冷えるし、しかも炭酸が効いているので、お腹が膨れます。こんなに飲めるなんて、信じられません。筆者はスモールサイズでも、持て余しました。真夏ならいいかな。


2016年の様子 (C) facebook/Slurpee


2015年の様子 (C) facebook/Slurpee

バリューセットを手に入れよう!

その時々で、お得なセットがあります。現在(2016年4月23日)は、ホットドッグとソーダのセットが2ドル+Tax。注文すると、スタッフがホットドッグを作ってくれます。


(C) Sara Aoyama

スタッフは、パンにソーセージのみ挟んでくれるので、忘れずにトッピングを。オニオンやトマト、ピクルスなどの数種のトッピングやマスタード、ケチャップは置いてあるコーナーでセルフサービス。美味しそうでしょう?


(C) Sara Aoyama

ソーダは、コカコーラ、ダイエットコーク、ジンジャーエールなどから、好きなものをセルフサービスでどうぞ。氷も入れられます。


(C) Sara Aoyama

これで2ドル+Tax(税金)は安いでしょう! ニューヨークの観光地(セントラルパーク、メトロポリタン美術館など)のベンダーでは1個3-4ドルもしますから、超お得です。ベンダーよりも大きめのホットドッグ、ソーセージは熱々。たっぷりのソーダで、ランチにもなりますよ。


(C) Sara Aoyama

前述のスラーピーとドーナッツでも2ドル。アメリカのマクドナルドは意外に高くて、セット商品が税込みだと10ドル近くになってしまいます。個人的には、セブンイレブンで調達することをオススメしますね。飲食代が高いNYCで、安上がりな朝食にも良いですよ。


(C) Sara Aoyama

アラブの王子が日本のコンビニが気に入り、ドバイに作ってしまうほどのセブンイレブン。ニューヨーカーにも人気なのです。

今さらコンビニ? と言わず、日本とどう違うか比べてみてくださいね。

[Seven Eleven]
(注)バリューセットは時期によって変わりますので、ご承知ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP