ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出雲大社だけじゃない!一度は見ておきたい!島根が誇る絶景3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本で昔から語り継がれる神話とつながりの深い島根県。その島根県といえば、出雲大社が有名ですが、実はもっと他にも見るべき絶景が潜んでいるって、ご存知ですか?

今回は島根県で出会える、1度は見てほしい!神秘の絶景スポットを厳選してご紹介します。これを見れば、きっと誰もが見に行きたくなるはず♪天気の良い週末には、非日常感あふれる島根県へおでかけしませんか?

1.稲佐の浜【島根県出雲市】

八百万の神々をお迎えする浜で

神話の時代に、思いを馳せる。

近年は砂浜が広がり、弁天島まで歩いていけるように

海の彼方に沈んでゆく夕日を眺めるひとときを

「国譲り神話」「国引き神話」の舞台。高天原の使者と対峙した大国主大神が、争わず国を譲った「国譲り神話」と、かつて出雲の地を広げるために国を引き寄せた「国引き神話」。神話の風景を想像しながら歩いてみて。 稲佐の浜(いなさのはま)

TEL/0853-53-2112(出雲観光協会)

住所/出雲市大社町杵築北稲佐

アクセス/山陰道出雲ICよりR431経由で15分

駐車場/20台(無料)

「稲佐の浜」の詳細はこちら

足立美術館【島根県安来市】

5万坪の日本庭園が描く

移り変わる四季の表情に惚れ惚れ。

窓そのものが1枚の美しい絵画のような「生の額絵」

足立美術館の庭園は、歓迎の庭、枯山水庭、苔庭、茶室寿立庵の庭、白砂青松庭、池庭の6つ。4~6月にかけてはサツキ、ツツジの花が庭園を鮮やかに染める。また、3月~5月31日までは春季特別展を開催。合わせて鑑賞を。 足立美術館(あだちびじゅつかん)

TEL/0854-28-7111

住所/安来市古川町320

営業時間/4月~9月:9時~17時30分、10月~3月:9時~17時

定休日/なし(新館のみ休館日あり/4月26日、7月14日、10月20~21日、11月14~15日、2月2日)

料金/大人個人2300円、大学生1800円、高校生1000円、小中学生500円

アクセス/山陰道安来ICより10分

駐車場/普通車400台(無料)

「足立美術館」の詳細はこちら

道の駅ゆうひパーク三隅【島根県浜田市】

のんびり待ちたい、日本海を泳ぐ海列車。

列車は一両や二両などさまざま。ラッピング列車に出会えたらラッキー!

日本海に沿って走るJR山陰本線の絶好の撮影スポット。駅の展望スペースには約1時間1~2本の列車の通過時刻表が掲げてあるので、時刻をチェックするのが◎。列車と青空はもちろん、夕暮れの景色も美しい。 道の駅ゆうひパーク三隅(みすみ)

TEL/0855-32-2880

住所/浜田市三隅町折居220-1

営業時間/9時~17時30分

定休日/なし

アクセス/浜田三隅道路西村ICより5分

駐車場/普通車28台、大型車6台(無料)

「道の駅ゆうひパーク三隅」の詳細はこちら

※この記事は2016年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

どこか懐かしく感じる、日本の原風景・小豆島のスポット4【香川】
外遊び派におすすめ!自然を楽しむ蒜山・湯原ドライブ旅【岡山】
地元食材た~っぷり♪東北のおすすめご当地カレー15選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP