ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シリーズ展「Sync」スタート、第1回は北欧と共鳴する日本のウッドクラフト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

木工作家・岩本忠美、田澤祐介が参加

2016年5月20日(金)から6月20日(月)までの1カ月間、東京・青山の北欧と日本のクラフトやプロダクトを扱うショップ・t-b-dで、「Sync vol.1 wooden work ー Tadami Iwamoto & Yusuke Tazawa」展が開催されます。

「Sync」は、t-b-dがスタートさせる、北欧のプロダクトと親和性のある日本の手仕事を紹介するシリーズ展。本展は「Sync」の第1回開催です。

今回は木工に焦点を当て、手仕事で木の生活用品を制作している2人の作家、岩本忠美さんと田澤祐介さんの作品を展示・販売します。出品されるのは椀、箸、スプーン、フォークなどのテーブルウェアや花器などのインテリア小物で、価格は1000~1万9000円(税抜)ほど。

北欧と共鳴する日本のウッドクラフト作品をぜひご覧ください。

Sync vol.1 wooden work – Tadami Iwamoto & Yusuke Tazawa

会期:2016年5月20日(金)~6月20日(月) 12:00~19:00 ※水曜定休

会場:t-b-d

作家:

Tadami Iwamoto(岩本忠美)

1959年、三重県津市生まれ。8年半のサラリーマンの後、1988年、長野県松本技術専門校修了。1999年、津市にて独立。

在廊日:2016年5月20日(金)

Yusuke Tazawa(田澤祐介)

1970年、神奈川県横浜市生まれ。新潟大学農学部で森林について学ぶ。自然や森の調査の仕事についているときに木工を志す。岐阜県高山市の森林たくみ塾に入塾。家具工房や中古北欧家具店を経て独立し、2010年「森想木工舎」として活動を開始。

在廊日:2016年5月29日(日)、6月11日(土)、6月19日(日)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

アルテック80周年展「Artek80 TRAVEL EXHIBITION」高知に巡回
日本発の素材・カーボンファイバーから生まれた家具展、開催
多彩なクリエイターがブースを出店「KIITO マルシェ 2016」が開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP