体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北欧インテリアの新名所「DANSK MØBEL GALLERY」をフォトレポート!

DANSK MOBEL GALLERY_001

上質空間を写真でレポート!

2016年4月27日(水)、東京・銀座にデンマーク家具専門のセレクトショップ「DANSK MØBEL GALLERY(ダンスクムーベルギャラリー)」がオープンしました。

▽デンマークデザインの本物が集まる新ショップ「DANSK MØBEL GALLERY」が銀座にオープン

北欧のプロダクトを扱うお店は増えましたが、「北欧風」ではない本物で、かつ、一流のデンマークブランドばかりを扱う専門店はおそらく都内でもここだけ。最高級のデンマーク家具やヴィンテージ家具をはじめ、インテリアの入り口として絵画や調度品までを取り扱い、ギャラリーのような空間となっています。

また、日本の民藝や絵画とコーディネートされているのも見どころの一つ。日本におけるデンマークインテリアのあり方を提示くれるお店です。

そんなDANSK MØBEL GALLERYの様子をフォトレポート。実際に体感していただくのが一番ですが、まずは写真でその一部をチェックしてみてください。

DANSK MOBEL GALLERY_002 お店があるのはビルの2階。薄暗いエレベーターホールから茶室のにじり口をイメージしたという入り口を抜けると、木の温もりとモダンデザインがマッチした心地よい空間が広がります。 DANSK MOBEL GALLERY_003 デンマークデザインを語る上で欠かせないアイテムが並びます。写真左はデンマークのモダンデザインの父と称されるKaare Klint(コーア・クリント)が、デンマークのフォーボー美術館のためにデザインし1915年に発表した椅子「フォーボーチェア」。 DANSK MOBEL GALLERY_004 Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)をはじめとする北欧の作家の作品。全て1点もので、販売されています。 DANSK MOBEL GALLERY_005 日本の作家ものもあり、こちらは陶芸家・河井寛次郎の作品。デンマーク家具に日本の調度品がよく合います。ギャラリーや外国人客が多い銀座というエリアだけあり、こうした調度品も人気なのだそう。 DANSK MOBEL GALLERY_006 Poul Kjaerholm(ポール・ケアホルム)の代表作であるラウンジチェア「PK22」やリビングテーブル「PK61」。職人でもあったデンマークのデザイナー・Aksel Kjersgaard(アクセル・ケアスゴー)のヴィンテージのチェストがしっくり馴染みます。ラグはかつて中国で存在していた宮廷献上品の緞通を日本のメーカーが復刻したもの。
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。