体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「レースに出たい!」を叶える7つのマストアイテム【CERC ~編集デスクのロードスター日記~#06】

▲4月10日にスポーツランドSUGOで行われた「マツダファン・エンデュランス」に参加した際の、我がチームのピットの様子。JAF公認レースではなかったが、アイテムはすべて基準に合致したものを使用した

▲4月10日にスポーツランドSUGOで行われた「マツダファン・エンデュランス」に参加した際の、我がチームのピットの様子。JAF公認レースではなかったが、アイテムはすべて基準に合致したものを使用した

JAF公認レース用の基準をクリアしているか否かが目安

カーセンサー本誌の連載や当連載でお伝えしているとおり、総額75万円の2代目ロードスター(NR-A)は、運転スキル向上のためのサーキット走行、その答え合わせの場としてのレース参加に向け、着々と仕上がっている。去る4月10日には、我がNR-Aで初めて150分の耐久レースにも参加してきた。レースの模様は5月20日から順次発売されるカーセンサー本誌並びに次回の当連載でリポートするので、乞うご期待。

ところで、「自動車レース」と一口に言っても様々な種類があるのをご存知だろうか。ウルトラザックリ説明すると、国内で行われる「自動車レース」は、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)が公認したレース(JAF公認レース)と、それ以外(いわゆる草レース)に大別できる。JAFは国際自動車連盟(FIA)から公認された自動車団体ということで、JAF公認レースで定められているルール(規則)は、F1やWRCに通じるものがあるのだ。

ここでは、比較的ルールの厳しいJAF公認レースでドライバーデビューするために必要な各種アイテム(装備品)を紹介しよう。ちなみに、先日我がNR-Aで参加した「マツダファン・エンデュランス(マツ耐)」はJAF公認レースではないものの、同等のルールが採用されていた。車両はもちろん、装備品なども公認レース用の基準をクリアしているものを揃えておけば、自動車レースへの門戸が一気に広がるということだ。そこで、JAFが定める「モータースポーツ諸規則」を参考に、「レースに出たい!」を叶えるために車以外で必要な7つのマストアイテムを紹介しよう。

①国内Aライセンス

JAF公認レースにドライバーとして出るためには、4輪自動車競技用のライセンスが必要。それが国内Aライセンス、通称「エーライ」だ。取得方法は、まず「国内Bライセンス」を取得。その後、ジムカーナやサーキットのスポーツ走行などで実戦経験した後、講習を受け合格すれば「エーライ」を取得できる。ライセンスに関しては、サーキットやモータースポーツクラブが主催するライセンス講習を受けるのが近道。ライセンス取得には、運転免許証を保有するJAFの個人会員であることが条件だ。

▲手前の赤いカードが国内Aライセンス。毎年、更新する必要がある

▲手前の赤いカードが国内Aライセンス。毎年、更新する必要がある

②競技用ヘルメット

形状は、4輪専用のフルフェイスタイプを選べばOK。ただし、厳密に基準が定められているので、必ず基準をクリアしたものをチョイスすること。それらには基準合致を証明するJAFやFIA、Snellなどのラベルが貼られている。今から買うなら、後述する頭部や頸椎の保護装置(ハンス)用のアンカー付きを選ぶのが◎。

③レーシングスーツ

いわゆるツナギタイプのレーシングスーツだが、必ずFIA基準8856-2000に合致した耐火炎タイプをチョイスすること。基準をクリアしているレーシングスーツには基準合致を証明するラベルが縫い付けられている。

▲レーシングスーツの襟に刺繍されたFIA基準8856ー2000のラベル

▲レーシングスーツの襟に刺繍されたFIA基準8856ー2000のラベル

④レーシングシューズ

サーキット走行会ではスニーカーなどでもOKだが、JAF公認レースでは必ず耐火炎タイプのレーシングシューズを着用しなければならない。レーシングスーツ同様、こちらもFIA基準8856-2000に合致したタイプをチョイスすること。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。