体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)

FacebookやTwitterで表示されたリンクをクリックして、ここにたどり着いた人は多いかもしれません。いまや私たちの生活に欠かすことのできなくなった「ソーシャルメディア」ですが、もしも田舎にある小さな村の生活にそのサービスを置き換えたとしたら?

ちょっとほっこりする。でも考えさせられる。そんなプロジェクト「WEB0.0」を紹介しましょう。

ベンチでつぶやいたり
なんでも知ってるお婆ちゃん
に話を聞いたり…

もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)

イタリア人アーティストのBiancoshockは、インターネットサービスを、実在する「Civitacampomarano」という村の様子に置き換えました。人口400人が暮らしており、高齢者が多く、伝統豊かな地域です。スマホやデータ通信も普及しておらず通信が困難で、インターネットは未知の世界と言っても過言ではありません。

それでも村のあちこちでは、古き良き「ソーシャルネットワーク」が繰り広げられています。以下作品を見ると、ナルホドと頷きながらもしみじみ考えちゃいますね。
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)
もしも、「ソーシャルメディア」を人口400人の小さな村に置き換えたら(イタリア)

飛躍的に便利になった私たちの生活ですが、じつはそのコミュニケーションの根本は昔から変わっていません。改めてそんなメッセージを感じさせてくれる「WEB0.0」プロジェクト。

いつもはウィキペディアで調べちゃう些細なことも、田舎のお婆ちゃんに電話して聞いてみる?

Licensed material used with permission by BIANCOSHOCK

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。