ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子役から成長の韓国俳優ユ・スンホ 腕の筋肉に「男」が浮かぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冬ソナブームから12年。今おさえておきたい新世代をご紹介。そのうちのひとりが、“国民の弟”といわれ癒し系として人気の韓国俳優のユ・スンホ。22才にして芸歴16年。仕事をしながら子供から大人へ成長していく過程は、普通の人より葛藤や混乱なども多かったはず。

「肉体的にきついのは3~4か月耐えた後、ただ休めばいいのですが、心がつらい時が問題です。でもぼくは、作品がうまくいって反応がよかったら、つらくても続けられるみたい。皆さんから愛をもらって生きる仕事なので、応援がとても力になります」。

 芸能人としては、わりと若い年齢で軍隊に入ってきたほうだが、「軍隊という場所は同じ年代の友達と同じように、つらくて楽しい、人生で忘れられない思い出を作る縁のようです。大変でもあったし面白くもあったし、悲しくもあり、全部ありました」。

 日本の印象については、落ち着くとスンホ。

「日本という場所の雰囲気がとても好きなんです。何かとても整頓されていて、見ているだけで気分がよく、リラックスできる気がします」

 彼の魅力について、エンタメライターの高橋尚子さんは、こう分析する。

「名子役がまっすぐ上手に育った好例。犬顔イケメンなのに、『想像ネコ』では猫とじゃれる図に萌え、猫を抱きかかえる手の甲の筋と腕の筋肉に「男」が浮かび、そのギャップにクラクラ。本当に立派に育ったものです」。

【プロフィール】
1993年8月17日生まれ、175cm、A型。仁川市出身。2000年にドラマ『カシコギ』で子役デビュー、映画『おばあちゃんの家』で“国民の弟”と呼ばれるようになり、『太王四神記』ではペ・ヨンジュンの青年時代を演じた。2013年3月に入隊し、2014年12月に除隊した。

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
誰もが避けられぬ「老い」について日本映画を通して考えた本
『あさが来た』かつら担当チーフ プロの流儀を語る
田中好子さん ヘアメイクにかつらを地毛になじませる技相談

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。