ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石田三成の子孫 「石田家の男子はみんな腹が弱い『三成腹』」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月から「大坂編」に入り、視聴率好調のNHK大河ドラマ『真田丸』。三谷幸喜・脚本が描く武将たちのキャラクターが魅力的だ。戦乱の世を生き抜いたその「末裔」を訪ねた。第14話から登場したのが、関ヶ原の戦いで西軍(反徳川)の中心的存在となった石田三成(山本耕史)だ。

「これまでNHKの大河ドラマ『太閤記』(1965年)での石坂浩二さんを始め、民放の連続ドラマ『関ヶ原』(1981年~、TBS系)では加藤剛さんなどが演じてきました。どの石田三成も美男子で頭がいいんだけど、冷血で人から好かれない性格。だから三成公のイメージはすこぶる悪いんです」

 石田家15代目当主石田秀雄氏(66)はそう語り、うなだれる。

「去年の『石田三成祭』(滋賀県長浜市)に出席してくれた山本耕史さんには、『三成公のイメージアップのために精一杯がんばってください』とお願いしたんですけど……ドラマの中ではトゲのあるセリフが多いですよね(苦笑)」

 実際、14話で真田信繁は「なぜだろう、人を不愉快にする何かをもっている」と三成を評する。

 石田家は4代目からは武家の家柄を捨て、庄屋として家督を継いだ。それが生粋の血を残すことに役立ったのだと秀雄氏はいう。

「武家の場合は養子などで家督を継いでいくのですが、庄屋はそんなことはしません。だからこそ三成のDNAがそのまま繋がっているのです」

 ただ、迷惑な性質も引き継いでしまったとか。

「石田三成は関ヶ原の戦いでお腹を下していたそうです。これが我々にまで受け継がれ、石田家の男子はみんなお腹が弱い。石田家では“三成腹”と呼んでいます。私や父もそうですが、受験の前日とかに限って下すんですよね(笑い)」

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
徳川方に捕縛された石田三成 再起誓いニラ雑炊を要求
『軍師官兵衛』関係者が決起集会 卓球居酒屋で関ヶ原の戦い
歴史上の偉人に心酔する夫に妻「夜の生活も偉人並みに」要求

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP