ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長 金正恩は「頭の中が少年のまま」だから怖い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。2016年になってから何かと騒がしい北朝鮮についてお話をうかがいました。

 * * *
──今回は北朝鮮情勢についてお話をしていただきたいと思います。北朝鮮は今年1月に水素爆弾実験を行ったと発表し、2月には弾道ミサイルの発射実験を実施しました。さらに3月には日本海に向けて弾道ミサイルを発射。4月に入ってからは「ムスダン」と呼ばれるミサイルの発射を何度か試みるも、失敗しています。米韓合同演習や核安全保障サミットへの牽制だったと見られていますが…。

高須:ケチケチとちょっとずつ撃ってるよね。やっぱりお金がないから、たくさん撃てないんだろうな。節約ミサイルだよ。

──たしかに、威嚇とはいえ、小出しにしてますよね。

高須:拳銃を持った銀行強盗がモデルガンではないことを知らしめるために、一発天井に向けて撃つみたいな感じだろうね。「本物だぞ!」ってね。でも、このまま放っておけばずっと威嚇をし続けて、そのうち北朝鮮のミサイルも無くなっちゃうかもしれないよ。

 まあでも、経済制裁もあって燃料なんかも少ないだろうから、ミサイルをちょこちょこ打ち上げるくらいの安あがりな脅し方しかできないんだろうね。爆撃機を飛ばすのだって、燃料が必要だし。なんだったら、打ち上げているミサイルも廃棄処分をするような古いものなのかもしれないよ。ムスダンが発射に失敗したのも古かったからじゃないのかな?

──脅しや威嚇ということではなく、日本や韓国の領土にミサイルが落ちるという可能性はあると思いますか?

高須:そりゃあ絶対にないよ。もしも、落としちゃったら、アメリカ軍が一気に攻めてきて、北朝鮮もおしまいだもん。さすがにそこまでは馬鹿じゃないと思うよ。完全な寸止め空手だね。

 もしも、アメリカが北朝鮮の持っているミサイルの数を把握できていたら、話はすごく単純なんだよ。とにかく粘って威嚇発射をさせて、残り数発くらいになったところで、勇気を出して直接乗り込んでっちゃえばいいんだから。基本的に北朝鮮には勝ち目がない。いまは、その状況下でどうにか幼稚な戦略を繰り出しているだけ。

 ただ、幼稚だからこそ怖い部分もあるのも事実。子供って何をしでかすかわからないんだよ。金正恩は最近どんどん粛清を進めてるらしいじゃない。もうなんだか漫画や映画の中の独裁者みたいなノリだよね。逆らった奴を人喰いザメが泳いでいるプールに落としちゃうみたいな(笑い)。

 金正恩は、絵に描いたような王子様だと思うよ。政治家や指導者っていうのは、いろんな失敗やら挫折を経験して、角が丸くなっていくものなんだけど、金正恩はひとつも辛い経験をしてないから、純粋なままで独裁者になっちゃった。お父さんの金正日はおそらくそこを狙って後継者にしたんだと思う。金正男は多少いろいろ経験しちゃってるからふさわしくない。そういう意味で、金正恩は頭の中が少年のままだから、ちょっと怖いね。

──そもそも最終的に北朝鮮は何が目的なのでしょうか?

高須:いまの北朝鮮政府がどう思っているかはわからないけど、キューバみたいな国になることが理想なんじゃないかな。たしかにキューバの経済は決して良好ではないけど、社会主義国としては悪くはない。アメリカとの国交も回復したけど、極端な話、キューバとしてはどっちでもいいことだったと思うんだよ。貧しいながらもここまでやってこられたんだからね。

 経済が悪くても、国がそれなりに安定していたという意味で、キューバは北朝鮮にとってのひとつの目標になると思う。そうなるには、気候の問題や国民の問題なんかももちろん関係してくるんだけど、北朝鮮もあと10年とか15年とか耐え続ければ、いつの間にかそれなりに安定した国になってるかもしれない。可能性は低いかもしれないけどね。

 でも、北朝鮮がキューバみたいになった時は、アメリカも韓国も「和解の時が来た」ってことになるだろうね。それこそが国交正常化の時だよ。

──なるほど。とにかくいまは、安定するまで耐えるしかない、と。

高須:そうそう。実際問題として、他国と戦争しても勝てないんだからさ。現時点ではキューバになることを目標にするしかない、ってね。

 でも、本当にキューバみたいな国になるっていうのは悪くはないと思うよ。観光地としても魅力的でしょ。安全さえ確保できるのであれば、平壌に行ってみたいっていう日本人もたくさんいると思う。だって未知の世界だもんなあ。僕もすごく興味があるよ。

 * * *
 北朝鮮の現政権は幼稚であるとしながらも、平壌への旅行には興味津々の高須院長。ぜひとも平壌旅行を実現して、現地の様子を教えていただきたいものです!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)など。最新刊は『ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲』(5月25日発売予定 小学館)

【関連記事】
【ジョーク】金正男から金正恩にメール「TDL破壊しないで」
金正日死去で北朝鮮に暴動発生・米国の武力介入の可能性指摘
ミサイル発射でワンピ中断 「北朝鮮を許しません」の声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。