ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏旅は沖縄へ行こう!那覇から日帰りできる海が美しい「座間味島」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは那覇から行ける離島があることをご存知でしょうか。那覇の泊港から高速船で50分、フェリーで90分の場所に慶良間諸島という大小20の島々があります。

 

今回はその中の一つ座間味島についてご紹介します。座間味島は二つの美しいビーチを有し、様々なアクティビティが体験できます。那覇から日帰りでも遊びに行ける魅力溢れる島をご覧あれ!

 

古座間味ビーチ

photo by Hiroki Kobayashi

座間味島にある二つのビーチのうちの一つです。波打ち際からすぐのところにサンゴ礁があり色とりどりの魚たちが泳いでいます。海の色はザマミブルーと呼ばれる透き通った青です。

サンゴの間を魚たちと泳ぎ、疲れたらビーチで美しい海を見ながら休憩。ゆっくり流れる島時間を堪能できます。

 

阿真ビーチ

photo by Hiroki Kobayashi

photo by Hiroki Kobayashi

座間味島にあるもう一つのビーチ、阿真ビーチ。古座間味ビーチとは違い遠浅でこちらも美しい青色をしています。きれいな海にはウミガメたちがやってきて運が良ければ写真のように一緒に泳ぐことができます。

 

島の西側に位置しているので美しい夕日を臨むこともでき、古座間味ビーチとはまた違った楽しみかたのできるビーチです。

 

シュノーケリング

photo by Hiroki Kobayashi

座間味島のビーチに来たらまずは手軽なシュノーケリングをおすすめします。レンタルもできるのでシュノーケルを持っていなくとも大丈夫!さあ準備ができたらいざ海へ。

 

水面に浮かんでサンゴ礁を眺めるもよし、魚たちと追いかけっこをするもよし、ウミガメと遊泳をするもよし。あなた好みの楽しみ方で座間味の海を満喫してください。

 

スキューバダイビング

photo by Nami Yano

シュノーケリングでは物足りないという方にはダイビングがおすすめです。シュノーケリングでは出会えない魚たちやサンゴと出会うことができ、シュノーケリングでは見れない光景を見ることができます。

 

座間味島には20を超えるダイビングショップがあり、経験のない方でも安全に海の中を楽しめる体験ダイビングも実施しています。ぜひ座間味の美しい海を中からも堪能してください。

 

シーカヤック

photo by pixta

シュノーケリング、ダイビングと海を中から楽しんできましたが、今度は海を上から楽しむシーカヤックです。水面をすべるように進むシーカヤックから透明な海の中にサンゴや泳ぐ魚たちを見ることができます。

 

またシーカヤックは大人から子供まで楽しむことができ、海の中だけでなく遠くに浮かぶ無人島や白い砂浜、海の上を走る船などダイビングとは違った視点で座間味の海を楽しむことができます。

 

ホエールウォッチング

photo by pixta

毎年1月から3月末までの期間は座間味島でザトウクジラを見ることができます。この時期繁殖活動のためにクジラたちが座間味を訪れ、ダイナミックなパフォーマンスを見せてくれます。

座間味島のホエールウォッチングは高い遭遇率を誇ります。冬の時期に座間味島にお越しの際はぜひクジラたちに会いに行ってみてください。

 

もずくそば

photo by Hiroki Kobayashi

最後に座間味名物のもずくそばをご紹介します。座間味産のもずくを練り込んだコシのある沖縄そばです。座間味島に来たら絶対に食べておきたい一品です。ぜひ一度ご賞味あれ!

 

まとめ

いかがでしたか。美しい海に様々なアクティビティ、そして離島ならではのゆったりとした時間。座間味島にはたくさんの魅力があります。

那覇を訪れた時にはぜひ座間味島にも足を運んでみてください。きっとあなたも魅了されることでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

バリ好きがお勧めする、女子の一人旅デビューならバリ島がいい理由!
オーストラリアのグリーン島に「絶対」ひとりで訪れてはいけない3つの理由
魔女が作る「惚れ薬」は、本当にあった!恋に悩む人は今すぐ◯◯島に行け
ゴールデンウィークは穴場リゾートでのんびり♡世界のベストビーチTOP10発表!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP