体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夕陽の海絶景に感動…。京都・丹後で夕暮れさんぽ

夕陽の海絶景に感動…。京都・丹後で夕暮れさんぽ 夕日ヶ浦

海に沈む美しい夕日を求めて毎年多くの人が訪れる夕日ヶ浦温泉。

丹後半島の西側にあり、「日本の夕陽百選」にも選ばれています。

「約8㎞続く白砂青松の浜が弓なりになっていて、海岸線の風景が美しい」と教えてくれたのは、旅館を営み、自ら夕日撮影をする西谷進さん。

4月~9月は夕日が水平線に沈む絶好の季節なので、遊歩道「夕日の路」を散策したり、点在するベンチでゆっくり眺めたり。

6月~8月なら海岸東側の岩場方面に沈むので、岩場のシルエットと夕日とのコラボも良いそう。

また、夕日ヶ浦温泉の浜詰地区にはかつて機織り工場があった丹後ちりめんの産地。

懐かしい町並みをぶらりと散歩するのも一興です。

美しい風景と懐かしい匂いのする丹後で、ぶらり夕暮れさんぽはいかがですか?夕日ヶ浦

4月1日の日の入時刻は18時23分。早めに訪れ、移りゆく情景を楽しんで

撮影/「夕日ヶ浦温泉 海舟」社長・西谷進さん

はたやギャラリー 夢つむぎ

丹後ちりめんの工場見学で美と伝統にふれる。

夢つむぎ 機織り 経糸と、撚りを掛けた(ねじり合わせた)緯糸で織る 夢つむぎ 生地 凹凸の地紋がある白生地(下)を後染めしたもの(上) 夢つむぎ 3代目 3代目の酒井博道さん 夢つむぎ 工場内 工場内には機械音が響く

明治時代から続く現役の機織り工場を自由に見学OK。丹後ちりめんは「シボ」と呼ばれる凹凸が特徴で、美しい光沢を放ちます。希望すれば織り上がった反物を見せてくれますよ。 はたやギャラリー 夢つむぎ

TEL/0772-74-0057

住所/京都府京丹後市網野町浜詰758-3

営業時間/8時頃~18時頃

定休日/不定

料金/見学無料

駐車場/2台

ちりめん雑貨(周辺の土産店・宿にて販売)

絹の手ざわりが優しい可憐な小物をお土産に。

ちりめん雑貨 ちりめん雑貨 写真は「夕日ヶ浦温泉 静花扇」にて。シュシュ1080円、ブックカバー1950円、ストラップ400円。日常を彩る小物が揃う

丹後ちりめんは高級絹織物だけど、雑貨ならプチプライスでお土産に最適。古典柄から、チェック、ネコなどキュートな柄も豊富に揃います。金糸や銀糸を使った豪華な帯地の花台敷なども。

Royal Merry

地元食材の風味が弾けるご当地ジェラートを。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。