ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

どこか懐かしく感じる、日本の原風景・小豆島のスポット4【香川】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
どこか懐かしく感じる、日本の原風景・小豆島のスポット4【香川】 二十四の瞳映画村

瀬戸内海にぽっかりと浮かぶ小豆島。その島には日本の原風景がそのまま残っているとか。今回は小豆島で出会える、どこか懐かしい日本の原風景スポットをご紹介。

昔ながらの木造校舎や懐かしの給食セットなど、昭和初期を感じさせてくれるスポットが満載ですよ。ちょっと歩くだけでも、この島のゆったりした時間に癒されること間違いなし!さあこの週末は、大人も子どもに戻れる島、小豆島へおでかけしませんか?

1.二十四の瞳映画村

木造校舎や民家の町並みに、

昭和初期にタイムスリップ。

二十四の瞳映画村「二十四の瞳映画村」の木造校舎には、撮影当時を忍ばせる様々な小道具が今も残る二十四の瞳映画村Cafeキネマ倶楽部の給食セットは890円

映画「二十四の瞳」のオープンセットが残された映画と文学のテーマパーク。中はみやげ横丁やギャラリー、映画館など見どころいっぱい。 二十四の瞳映画村

TEL/0879-82-2455

住所/小豆郡小豆島町田浦甲931

営業時間/9時~17時

定休日/なし

料金/大人(中学生以上)750円、小学生350円

アクセス/坂手港より11分

駐車場/150台(無料)

「二十四の瞳映画村」の詳細はこちら

2.こまめ食堂

いつもの島のごはんを棚田の絶景と共に。

こまめ食堂「棚田のおにぎり定食」1280円は島の恵みいっぱい

こまめ食堂 4月下旬頃に田植えが始まり、棚田の水面が光輝く

こまめ食堂 精米所だった古民家の面影がそのまま残る

棚田を望む山里に建つ食堂。棚田の米を使用したおにぎりや魚など島の食材にこだわったメニューはすべてスタッフ手作り。 こまめ食堂

TEL/0879-75-0806

住所/小豆郡小豆島町中山1512-2

営業時間/11時~17時(L.O16時)

定休日/火

アクセス/土庄港より15分

駐車場/20台(無料)

「こまめ食堂」の詳細はこちら

3.ヤマロク醤油

貴重な木桶仕込みの

醤油蔵を見学できる。

ヤマロク醤油 醤油をかけて食べるアイスは324円

ヤマロク醤油 建物は登録有形文化財に指定

珍しい木桶で造る醤油造りを年中無休、予約なしで見学が可能。併設カフェでは醤油の味と香りが楽しめるスイーツメニューも。 ヤマロク醤油

TEL/0879-82-0666

住所/小豆郡小豆島町安田甲1607

営業時間/9時~17時

定休日/なし

アクセス/坂手港より2分

駐車場/12台(無料)

「ヤマロク醤油」の詳細はこちら

4.MeiPAM

「迷路のまち」に迷い込み、

アートと町並を楽しむ。

MeiPAM フォトジェニックなスポットが点在

海賊や海風から生活を守るため、あえて複雑に作られた町が今も残る「迷路のまち」。古い蔵などをリノベし、アートプロジェクトを展開している。 MeiPAM

TEL/0879-62-0221

住所/小豆郡土庄町甲405

営業時間/10時~18時

定休日/水

料金/共通券1000円

アクセス/土庄港より5分

駐車場/30台(無料)

「MeiPAM」の詳細はこちら

※この記事は2016年4月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

外遊び派におすすめ!自然を楽しむ蒜山・湯原ドライブ旅【岡山】
地元食材た~っぷり♪東北のおすすめご当地カレー15選
チューリップ畑に癒される♪カップルにおすすめデートコース【富山】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。