ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Juice=Juice あれから1年……劇的進化したステージの衝撃 そして220公演=試練の先に用意されていた“夢の実現”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本武道館での2016年単独公演開催を目標とし、その実現に向けて全国各地220公演ワンマンライブ完遂のミッションを敢行中のJuice=Juice。5月4日、その一環となる公演【Juice=Juice LIVE MISSION 220~Code3 Special→Growing Up!~】を中野サンプラザにて開催した。

Juice=Juice キュートなライブ写真一覧

<初の中野サンプラザ単独公演、そしてアノ宣言から1年……>

 昨年5月、初の中野サンプラザ単独公演(http://bit.ly/1MwgarC)を開催したJuice=Juice。その際に「私たちは5人で話し合いをして新たな目標を決めました。今日はここで宣言させて頂きたいと思います。Juice=Juiceは、来年、日本武道館にて単独公演の開催を目標とします!」「そして、そんな日本武道館公演に向けてですね、全国各地220公演を目標に単独公演を行うことになりました!」と発表した5人は、夢を叶える為に終わりの見えないサバイバルへ果敢に挑んできた。

 その旅路の途中では、メンバー5人揃ってステージに立てないこともあったり、金澤朋子が子宮内膜症を患っていることを発表したり、幾多の困難や苦悩もあったが、あれから1年……それでも彼女たちは劇的な進化を遂げ続け、ハロー!プロジェクトの聖地とも言えるここ中野サンプラザに凱旋。そのライブの内容は、5人のパフォーマンススキルはもちろん、セットや演出のスケール/クオリティも格段にレベルアップした内容となっていた。5人の進化にチームJuice=Juiceが全力で応えた形と言えるだろう。

<状況の変化が一撃で分かる【Code3 Special→Growing Up!~】>

 昨年9月27日に開催された【Code1→Begin to Run】最終公演(http://bit.ly/1ZlYrJq)についての記事を書いた際、「5人のメンバー1人1人がエモーションのリミッターを振り切るかのように歌い踊り、その個々のキャラクター溢れるパフォーマンスが結果的に一糸乱れぬチームワーク、観客も含めてとんでもない熱量の一体感を生み出すという、SFアニメ『攻殻機動隊』シリーズにおける公安9課のような超絶アクトをのっけから畳み掛けていく」と表現したが、その世界観がより具現化/可視化されたかのような光景がそこにはあった。

 同公演【Code3 Special→Growing Up!~】は今後も各所で行われるゆえ、直接的にお伝えできないのはもどかしいが、メンバーの実力のみならず、彼女たちを取り巻く状況も大きく変化/進化していることが一撃で分かる、衝撃的な内容だったのだ。この流れで日本武道館でのワンマンライブが実現したら……と期待に胸を膨らませたのは自分だけじゃないだろう。そんなことを思っていたら、この日の夜公演で以下の発表が成された。

<誰にその涙を否定できるだろう……Juice=Juiceが掴んでみせた夢>

 アンコール明け、スクリーンに突如映し出されたVTR。その中でリーダーの宮崎由加は「本日、私達Juice=Juiceから皆さんにご報告がございます。昨年6月21日よりスタートしましたLIVE MISSION 220ですが、2016年10月29日の沖縄公演をもって、220公演を達成出来る運びになった事を皆さんにご報告させて頂きます。現在発表しておりますCode3の7月3日大阪公演が178公演目となり、残り42公演となります。7月中旬からLIVE MISSION 220~Last Code~をスタートして行きます。内容も新たに、全国各地回って行きますので、お近くの際には、ぜひ会場にお越しいただけたら嬉しいです。日程や会場に関しましては、順次発表させて頂きますので、楽しみにお待ち下さい。」

 続けて金澤朋子は「まだラストコードも始まってないですし、もっと成長できる点がたくさんあると思うので、メンバーみんな成長したねと言ってもらえるように最後まで突っ走って行きたいと思います」と意気込みを語り、さらに宮崎が「メンバー全員が揃わない公演もありましたし、どうなるのかなと正直不安なところもいっぱいあったんですけど、最終公演を絶対5人で達成して個人的にもグループとしても、もっともっと成長してがんばっていけたらいいなと思います。」とコメント。そしてこの先にメンバーへのサプライズが用意されていた。

 「11月7日(月)日本武道館公演決定!」

 前代未聞の試練の先にしっかりと用意されていた夢の実現。この発表に涙するメンバーもファンもいたそうだが、当然だろう。冒頭に記した通り、この発表に辿り着く為に選んだ彼女たちの旅路は壮絶だった。それでも5人は何度も何度も自らを奮い立たせ、笑顔でステージに立ち続け、そのときに生み出せる最強のアクトを繰り広げてきた。the pillowsの名曲「Funny Bunny」じゃないが、風の強い日を選んで走ってきたのだ。誰にその涙を否定できるだろう。Juice=Juiceとそのチーム、ファミリーが掴んでみせた夢の結晶。アイドル至上最強の初武道館ワンマンになるであろう同公演にぜひ注目してほしい。

取材&テキスト:平賀哲雄

◎Juice=Juice 日本武道館公演発表後コメント

宮崎由加:(感極まってなきながら)最初に220公演やるって決まった時はどうなることかと思いましたが、なんとか達成に近づいてきて、実際に日付も決まって本当に嬉しいなって思います。(映像で武道館公演が発表された時)会場の皆さんからの「バンザイ!」って声が(ステージ裏でスタンバイしている自分たちに)凄い聞こえてきて、こうやって一緒に喜んでくれる素敵な皆さんが要れば、日本武道館公演も必ず成功できると思いますし、私たちももっともっと成長して自信を持ってステージに立ちたいと思います。

金澤朋子:(今年1月に子宮内膜症を患っていることを発表)本当に220公演中色々なことがありまして……(涙を浮かべながら)病気の発表があったりで皆さんのこと心配させてしまったり何回もお休みしちゃったりで私は220公演参加出来てないのが事実なので、みんなと一緒に武道館のステージに立ってもいいのかという思いもありましたけど、悔しい思いをした分、11月7日に向けて成長していけるように頑張りたいなと思います。

高木紗友希:(映像中は)舞台の袖から皆さんのことを見ていたのですが、色々なことがあったときも私たち以上に心配してくれたり励ましてくれたので、こんなに嬉しい発表をここですることが出来て本当に嬉しいです。遠いところまで行ってライブをすることが出来るのは恵まれているし、皆さんのおかげだなと思います。まだ220公演達成していないので、これから色々なことがあるかもしれませんが、ついてきてください。

宮本佳林:日本武道館公演決まりましたー! ここから220公演きっちりちゃんと達成して日本武道館公演では皆さんの声がでなくなっちゃうくらい、もうどうしようっていうくらい、Juice=Juiceの“GrowingUp”を見せていきたいと思います。なので、皆さん日本武道館公演、待っていてください!

植村あかり:本当に嬉しかったんですよ! けど実感はあとから沸いてくるので、なのでこの映像の時はあっけらかんとポワーンとしてて、あらためて見ると間抜けな顔してたなと思ったんですけど、スタンバイ中に裏から皆さんの様子をのぞいて、映像を見て私の変わりと言わんばかりに泣いてくださっている方が見えて、私たちの幸せを一緒に幸せって思ってくれる方がすごいたくさんいるってことは嬉しいことだと思いますし、11月7日当日は健康な状態の5人でのパフォーマンスを見せられるように、、もっとスキルアップできるように何度も筋肉痛になるくらい頑張りますので、是非11月7日は私たちに会いに来て下さい!

関連記事リンク(外部サイト)

Juice=Juice&カントリー・ガールズ 際限なきアイドルの可能性……モーニング娘。譜久村聖の2年連続ソロも(ひなフェス取材記事vol.2)
℃-ute/モーニング娘。’16/アンジュルム/Juice=Juice/カンガル/こぶし/つばき……進化の一途辿るハロプロの2016年
Juice=Juice主演ドラマ『武道館』矢口真里も出演「彼氏は作らない方がいい」にメンバー違和感

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。