ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ただいま3万人待ち!「裸で食事をするレストラン」がロンドンにオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。

テクノロジーは一切禁止!

いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが、お店に入るとバーエリアでガウンが渡され、着替えて携帯電話や持ち物をロッカーに入れたら、レストランサイドへ移動する仕組みになるそう。

裸になるか、ガウンを着たままで食事するかでセクションが分かれます。

インテリアや料理は
ナチュラル志向!

テーブルや椅子は、切り株。パーテーションは竹で、照明はろうそくのみと、内装は自然のもので統一。気になるお料理まで、木の棒と直火だけで調理するシンプルなものになるそう。

5皿提供されるメニューは、ビーガンかそうでないか選べます。お皿は粘土で作られた手作りのもので、食べられるカトラリーもコースの一部。安全上の理由から、シェフは裸ではないのだとか。

ねらいは「本当に自然な体験」

このレストランを企画したのは、イベントやレストランなどを運営する「lollipop」。Seb Lyallさん「The Daily Mail」にこうコメント。

「私たちは、スマホをはじめ、電気、ガス、人工の色、化学物質などの不純物がない環境で夜遊びを楽しむ機会があってもいいと考えている。みんなが望むなら、衣服でさえね」。

6月から3ヶ月限定でオープンするこのレストラン、客席は42席ですが、2016年5月初旬の時点で、3万2,000人以上もの人々がウェイティングリストに名を連ねています。「BBC」には、人気が出たら規模を拡大する意向があると書かれており、その結果の行方が注目されています。

Reference:The Daily Mail,BBC
Licensed material used with permission by Bunyadi

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP