ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デレク・ジャーマンの映画音楽で知られるサイモン・ターナー来日イベント! テニスコーツが出演、『BLUE ブルー』上映も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
デレク・ジャーマンの映画音楽で知られるサイモン・ターナー来日イベント! テニスコーツが出演、『BLUE ブルー』上映も

 映画監督デレク・ジャーマン作品の多くで音楽を手がけた音楽家、サイモン・フィッシャー・ターナーの来日に先立ち、5月18日と19日に渋谷アップリンクでスペシャルイベントが開催される。

 サイモンは、5月21日から22日に新国立劇場で上演される、高谷史郎(ダムタイプ)ディレクションによるダンス公演『CHROMA(クロマ)』の音楽監督を担当するため来日。このダンスパフォーマンスは、デレク・ジャーマンが著した光と色に関するエッセイが元となっているのだが、スペシャルイベントの一日目は同じくこの作品を元にしたカフェバージョンのイベントとなる。浅井隆(アップリンク)が構成演出を手がけ、渋谷アップリンクの一階のファクトリーとギャラリー、カフェ・タベラを使用し、55名限定のスペシャルな一夜【クロマ@カフェ】を参加者と作り上げる。

 コンセプトは“UGPA”。UGPAとは造語で、“User Generated PA”の略とされる。当日はサイモンを始め、数人のミュージシャンが会場のあちこちでランダムな時間軸で演奏するほか、カフェでは数人のゲストが『CHROMA』の朗読を行う。サイモンやゲストの音楽、朗読が聞こえてくるのは、参加者が持参するスマートフォンのスピーカーだ。

 参加者はスマートフォンでYouTube Liveにアクセス。55台のスマホから、あるときは同じ音楽、あるときは朗読と音楽がミックスして流れる仕掛けとなる。

 また5月19日には、映像作家・牧野貴の作品にあわせて、サイモンのライブ演奏による新作発表イベントが開催。このイベントの前にはサイモンが音楽を担当、デレク・ジャーマンの遺作である74分間の青一色だけの映画『BLUE ブルー』も上映される予定だ。

◎DAY1【クロマ@カフェ】
2016年5月18日(水)
OPEN 19:30 / START 20:00
会場:渋谷アップリンク
前売:3,500円(1ドリンク付/オリジナルカラードリンク有)
当日:3,800円(1ドリンク付/オリジナルカラードリンク有)
定員:55名
演奏:サイモン・フィッシャー・ターナー、テニスコーツ、minamo(杉本佳一+安永哲郎)、雫境
朗読:矢崎仁司(映画監督)、花代(アーティスト)、ヴィヴィアン佐藤(非建築家)
サウンドストリーミング:odorome
構成演出:浅井隆(UPLINK)

◎DAY2【サイモン・フィッシャー・ターナー×牧野貴『無題/新作』上映】
2016年5月19日(木)
OPEN 19:30 START 20:00
併映:『BLUE ブルー』
会場:渋谷アップリンク
前売:2,800円
当日:3,000円
定員:55名

関連記事リンク(外部サイト)

サーストン・ムーアも絶賛! ブライアン・イーノ、コリーンなどのファンに贈る、メアリー・ラティモアの極上アンビエントMV公開
七尾旅人から絶賛されたbutaji×黒澤清に学んだ五十嵐耕平 MV「EYES」上映会開催
レディオヘッドが新曲「Burn The Witch」を遂に公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。