ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつかあの人と行きたい、世界遺産の水の都・ヴェネツィアの絶景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大切な人と二人きりで旅するなら、うんとロマンチックな時間にしたいもの。イタリアの「水の都」ヴェネツィアはそんなカップルの願いをまたたく間に叶えてしまいます。憧れのヴェネツィアで過ごす最高にロマンチックな夢のひとときをご紹介しましょう。

水の都・ヴェネツィア

ヴェネツィアは5世紀にアドリア海のラグーナ(干潟)に築かれた街で、118もの小島から成り立っています。10世紀には強力な海運共和国として栄えた輝かしい歴史をもち、街全体が世界遺産に登録されています。

四方八方に張り巡らされた150もの運河、豪華絢爛な歴史建造物の数々・・・どこを切り取っても絵になる非日常空間がそこにあります。まさにここは夢の島。世界中を探してもこれほどまでに魅惑的な街はそうありません。

細い路地や段差、運河が張り巡らされた街は車の乗り入れができないため、移動手段は徒歩かボート。車の往来がない守られた空間は、街全体がまるで天井のない美術館のようです。

カナルグランデ

全長約3.8kmの大運河で、ヴェネツィアの「メインストリート」です。まさに「これぞヴェネツィア」といえるドラマティックな景観が広がっています。「ヴァポレット」と呼ばれる水上バスに乗って、水の都を体感してみましょう。

サンマルコ広場

サンマルコ広場はヴェネツィア共和国時代の栄華の象徴で、1000年も前からヴェネツィアの中心です。ヴェネツィア観光のハイライトともいえるスポットがこの広場周辺に集まっており、いつも大勢の人でにぎわっています。

サンマルコ大聖堂

サンマルコ広場に位置する、828年創建のサンマルコ大聖堂はヴェネツィアのシンボル。内部には黄金の装飾が施されており、天井のモザイク画は必見です。

ドゥカーレ宮殿

サンマルコ大聖堂の横で堂々とした姿を見せているのが、8世紀に建設されたヴェネツィア共和国時代の総督の館、ドゥカーレ宮殿。
白とピンクの大理石でつくられたヴェネツィアンゴシックの壮麗な建物で、内部も豪華な装飾やヴェネツィアを代表する画家たちの作品で彩られています。

ため息橋

16世紀に架けられた橋。ドゥカーレ宮殿と牢獄とを結んでいたこの橋は、投獄される囚人たちが、ヴェネツィアの美しい景色にため息をついた場所であったことからその名がつきました。

日没時にゴンドラに乗ってため息橋の下でキスをしたカップルには永遠の愛が約束されるのだとか。

「水の都」を眺望

ヴェネツィアを見渡せるスポットとして有名なのはサン・マルコ広場の時計塔ですが、常に観光客でごったがえしています。

そこで穴場スポットとしておすすめなのが、サンジョルジョマッジョーレ島にあるサンジョルジョマッジョーレ教会の鐘楼塔。運河を挟んだヴェネツィア本島の眺望を楽しむことができます。


サンジョルジョマッジョーレ島

運河の夜景を望むディナー


(C) TERRAZZA DANIELI

サンマルコ大聖堂にほど近いところにある名門HOTEL DANIELIのルーフトップレストラン、TERRAZZA DANIELI。エレガントな空間でヴェネツィアの伝統料理や地中海料理が堪能できます。


(C) TERRAZZA DANIELI


(C) TERRAZZA DANIELI

運河の景色を望むテラス席ならヴェネツィアンワールドにどっぷり浸かれます。ドレスアップして二人の特別な一夜に彩を添えて。

運河沿いにステイ


(C) Al Ponte Antico

憧れの水の都に来たからには、特別な滞在にしたいもの。大運河、「カナルグランデ」に面した邸宅ホテルはいかがでしょう。


(C) Al Ponte Antico


(C) Al Ponte Antico

ホテルAl Ponte Anticoは、約500年前の古い邸宅を改装したクラシカルなホテル。カナルグランデや有名なリアルト橋を望む絶好のロケーションはロマンチックなムードをよりいっそう盛り上げてくれるはず。

日常を抜け出して、最高にロマンチックな街での特別なデート。きっと二人の情熱に火をともしてくれるはずです。

[イタリア政府観光局/ヴェネツィアとその潟]
[All About ベネチア]
[TERRAZZA DANIELI]
[Al Ponte Antico]
[Photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP