ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植物のためのジュエリー「PLANT’S JEWEL」が登場。しかも、カワイイだけじゃない!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人も多いのでは?

もっと、花のある生活を。

改めて説明すると、このPLANT’S JEWEL(プランツジュエル)は、たった一輪の花、一茎の植物でも華やかに飾る「植物のためのジュエリー」。デザイン性の高い本体部分を花瓶やグラスなどの器に入れ、植物の茎を挿しこむだけで、華やかな生花が完成します。

デザインは以下の5種類。あなたの好みはどれ!?

01.
バブル


「泡」をモチーフにしたデザイン。シャンパングラスやワイングラスなどに引っ掛けて、花の茎を穴に入れて固定して利用します。色々な大きさの穴が開いているため、様々な太さの茎を挿すことが可能。

02.
リーフ


「葉っぱ」をモチーフにしたデザイン。茎の部分を曲げることができるため、ある程度間口が広ければ、さまざまな器に合わせることができます。

03.
バングル


「バングル」をモチーフにしたデザイン。花瓶がなくても、お皿やプレートなどの上に乗せて使えます。ボリュームが少ないと倒れてしまうような大きすぎる花瓶の中に入れ、花を固定するという使い方もアリ。

04.
リング


「リング」をモチーフにしたデザイン。「バングル」と同じく、花の固定にも使えます。

05.
ミラーボール



「ミラーボール」をモチーフにしたデザイン。直径85mmの球体になっていて、ちょうどハマる大きめのワイングラスや器に合わせると、剣山のように使うことができます。

もちろん、一輪の花や一茎の植物と合わせて使ってもOK。

しかも、水をきれいに保つ
抗菌効果まで!


美しい切り花も、うっかり水を変えるのを忘れるとすぐに枯れてしまいます。その理由の一つが、茎の切り口に雑菌が入り込み、水の吸い上げが悪くなってしまうこと。

PLANT’S JEWELには、株式会社神戸製鋼所が開発した「従来の10倍以上の効果をもつ高機能抗菌技術KENIFINE®(ケニファイン)」を使用。花瓶に入れるだけで水を滅菌してきれいに保ち、花の自由な呼吸を助けてくれるのだそう!

現在、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて資金調達中の「PLANT’S JEWEL」は、税・送料込で4,000円から14,000円という価格帯。このジュエリーで、「花のある生活」をもっと気軽に楽しんでみては?

Licensed material used with permission by Makuake

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP