ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Jide、Remix Mini向けの最新アップデートでGoogleアプリを削除

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Jide が「Remix Mini」向けの最新アップデート版で Google アプリを削除しました。Remix Mini は、Windows 風のデスクトップ環境を Android で再現した Remix OS を搭載した小型 PC で、発売時点から Google サービス・アプリをサポートしていましたが、5 月 5 日にリリースされた「Remix OS Update: 2.0.307」で Google アプリが削除されました。このアップデートはオプション提供となっているので、アップデートをしない選択も可能です。削除の理由は明確にはなっていませんが、Remix Mini のようなデスクトップ PC では、接続するモニタに応じて画面サイズが変わり、それに伴い Google Play ストアで配信中のアプリの動作にも影響するため、Google が Jide に対して Remix Mini から GMS(Google Mobile Service)を削除するようにと要請したと言われています。アップデートでは上記の変更のほか、ファクトリーリセットの有効 / 無効化機能、「Win+Shift」でのキーボードレイアウトの変更、「Remix Central」アプリのプリインストール、アプリ全停止時のメモリ開放バグの修正、Citrix Receiver 利用時にマウスの右クリックが効かない問題の修正、通知リストを閉じる際のバグの修正なども行われています。Source : JideLiliputing

■関連記事
HTC 10で操作ボタンのバックライトを常時ONにする方法
Galaxy S7 Activeの外装パーツの写真が流出
Gear Fit 2には少なくとも3色のカラバリが存在、新たな画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。