体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一住みやすい都市!オーストラリアのパースの魅力的な観光地5選

世界一住みやすい都市!オーストラリアのパースの魅力的な観光地5選

トラベルライターの菓子谷です。ワーキングホリデーを利用して、2013年から2015年の約2年間、オーストラリア最大の敷地面積を誇る西オーストラリア州の都市、パースに住んでいました。

 

パースの住み心地は、テレビでも世界一住みやすい街として紹介される程、とても緑が多く自然にあふれており、田舎者の私にとっては居心地のよい場所でした。

今回は実際に住んでよく行った、パース市内から約2時間以内で行ける観光スポットを、ご紹介します。

 

街中にある広大な公園キングスパークから眺めるスワンリバー

キングスパークより眺めるパース市内 キングスパーク Photo By Lisa Kashitani ワイルドフラワー Photo By Lisa Kashitani

 

市内から無料のバスで行くことができるキングスパークは、約400ヘクタールの公園の中には、植物園やカフェなどがあります。また、園内に設けられた展望台からは、パース市内流れるスワンリバーと共にパースの街並を一望できます。

また、パースの春にあたる9月から11月頃には、園内に咲き乱れるオーストラリア固有の花のワイルドフラワーを見ることもできます。

 

バスや電車で行ける白い砂浜が眩しい沢山のビーチ

ロッキンハム付近 Photo By Lisa Kashitani コテスロビーチ Photo By Lisa Kashitani

 

昼間はサンサンと降り注ぐ太陽の日差しに反射した白い砂浜に、透き通った蒼い海のコントラストが美しいビーチが沢山あり、市内からは、バスや電車で行けるビーチでは、サーフィンや海水浴を楽しむ地元の人達などで賑わっています。

オーストラリアの西側に位置する西オーストラリア州の海岸沿いのビーチでは、唯一、インド洋の水平線に沈み行く真っ赤な夕日を望むことができます。

 

西オーストラリア州で最も歴史の古いワイナリーのスワンバレーへ

スワンバレー Photo By Lisa Kashitani スワンバレー Photo By Lisa Kashitani

ワイン造に最適な気候と土壌を持つスワンバレーは、市内から車で北に約30分の所に位置しています。

スワンリバーの上流沿いに約40以上も点在するワイナリーでは、ワインの試飲や購入ができます。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。