ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

升毅が人生最後のときに食べたい「メンチかつカレーそば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人生の終焉に選ぶ一食は、あなたの人生を物語る一食と言えるのかもしれない。もしも、「最後の日」に何かを食べるのであれば、何が食べたいだろうか──。そんな質問を俳優の升毅(60才)に投げかけたところ、返ってきたのは「メンチかつカレーそば」という答えだった。

「もちろん、ふだんは別々に食べているけど、最後に食べるなら3品を合わせて食べてみたいね。『かんだやぶそば』のせいろそばに、升(ます)が作るから『マスカレード』と命名した“俺カレー”をかけて、『大阪天満鉄板ダイニング炫』の揚げたてメンチをトッピング。注文して、たねから作ってくれるメンチはジューシーさ抜群だよ」

“そば屋呑み”を始めるきっかけとなったのが『かんだやぶそば』。女将さんのオーダーを通す声が心地良く、大切な人のおもてなしには迷わずココと決めているそうだ。

「好物を合わせて自分で作るもよし。いやー、最後はもう作らないな。立ち食いそば屋さんのカレーそばにメンチのっけて食べるか!」

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
サラダでよくある「大根×にんじん」 実は食べ合わせが悪い
かんだやぶそば 焼失家屋は音響装置としても価値が高かった
話題の冷やし麺 「すだちそば」「パイナップルラーメン」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP