ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊達政宗の抜群の記憶力を支えた「豆めし」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 乱世を生き抜いた戦国の英傑たちは、食への並々ならぬこだわりを持っていた。ここでは加藤清正、天海、伊達政宗の食事を再現写真とともに紹介しよう。

【加藤清正】虎をも退治する猛将を支えた「玄米」と「豆味噌」

 秀吉に仕え、数々の武功をあげた清正は180cmを超える巨漢だった。強靭な肉体の源は1日5合を食したという玄米。日ごろからビタミン豊富な赤鰯や豆味噌なども愛好し、バランスのとれた食生活を送っていた。清正は戦場でも玄米の握り飯を豪快に頬張っていたという。炭水化物とビタミンB1を同時に摂取できる玄米が、大量のエネルギーを生み出す食品であることを体験的に知っていたのかもしれない。

【天海】長寿の秘密は「クコめし」と「納豆汁」

 家康からの徳川三代を支え、数え108歳ともされる長寿を誇った僧・天海。家康から長寿の秘訣を尋ねられ「新鮮で質の良いあっさりした食事」と答えたという。クコは老化を防ぐと言われるベータカロテンが豊富で、免疫力も高める。

【伊達政宗】独眼竜の猛将が愛した「豆めし」

 一度会うだけで相手の姓名や風貌を忘れない、政宗の抜群の記憶力を支えたと思われるのが「豆めし」。炭水化物とタンパク質を同時に摂取できる機能食だ。政宗は大豆にもこだわり、朝鮮出兵では政宗の仙台味噌だけが腐敗しなかったという。

●写真は食文化史研究家・永山久夫氏監修の『武将メシ』(宝島社刊)より(撮影・明石雄介)

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
長寿県の長野 昆虫を食べる習慣があるから長生きとの説も
沖縄の男性 米国型食生活たたり平均寿命が全国26位まで低下
韓国、米国、カナダでも人気の味噌 パンに塗って食べる人も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。