ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

くるり、新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」を含むEP盤を7月6日にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

くるりが新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」を含む6曲入りEP盤を7月6日にリリースすることを発表。さらに、“タムくん”の愛称で親しまれているタイ出身の漫画家・ウィスット・ポンニミットの描き下ろしによる最新アーティスト写真を公開した。

常に時代の寵児としてシーンを牽引してきたくるり。ブランニューダンストラックとも言える「琥珀色の街、上海蟹の朝」は既にライブでも披露され、ファンの間では“上海蟹”の愛称で話題となっている。そのキャッチーなサビのリフレイン、岸田繁のラップ、ゲストヴォーカルとして参加しているUCARY&THE VALENTINEなど実に印象的で、今なお時代を突き進もうとするくるりの真骨頂であり、今後のニューアンセムとなる快作に仕上がった。

また、現在「JFL×TSUTAYA ACCESS ! 」キャンペーンソングとして、JAPAN FM LEAGUE の 5局(FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM802/cross fm)でヘビーローテーションされている「Hello Radio」のくるりヴァージョンを新たに収録、さらに現在オンエア中のNHK『みんなのうた』に書き下ろした新曲「かんがえがあるカンガルー」、くるりのレギュラーラジオ番組『NHK FM“くるり電波”』のテーマソングとしてオンエアされている「Radio Wave Rock」、「Chamber Music from Desert」も収録される。そして、土岐麻子に提供した「ふたりのゆくえ」のセルフカバー曲を「BluebirdII」として収録するなど、くるりならではのサウンドプロダクションが詰め込まれたスペシャルパッケージ盤が完成した。

そして、長きにわたる活動の中で進化してきたくるりが、“結成から20年を迎えるにあたり、今あえて過去を振り返ったうえで、これからを創っていく”というコンセプトライブを展開中で、数多くのアーティストにも影響を与えた3rdアルバム『TEAM ROCK』と4thアルバム『THE WORLD IS MINE』の再現ライブ『NOW AND THEN vol.2』から厳選されたライブCD『NOW AND THEN DISC Vol.2』が初回限定盤のみに付属する。

EP『琥珀色の街、上海蟹の朝』
2016年7月6日発売

【初回盤】(CD+Bonus CD)

VIZL-974/¥2,000+税

【通常盤】(CD)

VICL-64601/¥1,200+税

<収録曲>

■CD

M1:琥珀色の街、上海蟹の朝

M2:Hello Radio (QURULI ver.)

※Japan Fm League×TSUTAYA ACCESS!キャンペーンソング

M3:かんがえがあるカンガルー 

※NHKみんなのうた(2016年2月・3月)

M4:Radio Wave Rock 

※NHK FM「くるり電波」2016テーマソング

M5:Chamber Music from Desert 

※NHK FM「くるり電波」2015テーマソング

M6:BluebirdII(ふたりのゆくえ) 

※土岐麻子へ提供曲「ふたりのゆくえ」セルフカバー

■NOW AND THEN DISC Vol.2  ※初回限定盤のみ付属

1.TEAM ROCK 

2.ワンダーフォーゲル 

3.愛なき世界

4.GO BACK TO CHINA

5.トレイン・ロック・フェスティバル

6.THANK YOU MY GIRLS

7.男の子と女の子

8.水中モーター

9.WORLD’S END SUPERNOVA

10.C’mon C’mon

11.永遠

12.ばらの花

13.リバー

14.カレーの歌

15.ブレーメン

くるり 20th ANNIVERSARY「NOW AND THEN vol.3」
5月07日(土)  香川県/festhalle(フェストハレ) 

5月08日(日)  福岡県/福岡市民会館

5月10日(火)  広島県/広島JMSアステールプラザ大ホール

5月16日(月)  大阪府/オリックス劇場 

5月17日(火)  京都府/ロームシアター京都

5月25日(水)  愛知県/名古屋市公会堂

5月27日(金)  宮城県/電力ホール

5月30日(月)  神奈川県/神奈川県民ホール

5月31日(火)  神奈川県/神奈川県民ホール

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP