ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SuG、ツアーファイナルにて2017年に初武道館公演の開催を宣言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SuGの全国ツアーファイナル『SuG LIVE「VIRGIN」』が5月5日、東京・EX THEATER ROPPONGIで行なわれ、そのアンコールのMCの中で結成10周年を迎える2017年に、日本武道館でライブを開催することが宣言された。

『SuG LIVE「VIRGIN」』は、3月にリリースされたメジャー初となるミニアルバム『VIRGIN』を引っ提げて、全国18か所を巡ったワンマンツアーのファイナル公演。VIRGIN=初期衝動をテーマに据えたツアーとあって、1曲目「SICK’S」から容赦ないほどの激情をもってパフォーマンスに臨むSuG。武瑠(Vo.)は、ツアーファイナルに至るまでの17か所の道程を振り返り、「このファイナルは、どこよりも盛り上がる義務があります!」と力強くオーディエンスを煽る。

今回のツアーを経て成長したのはバンドだけではない。オーディエンスもまた、バンドのパフォーマンスに呼応するように序盤からボルテージを最高潮へと上げる。「MISSING」「sweeToxic」など新旧の人気ナンバーでは会場全体が揺れるほどの盛り上がりを見せながらも、一方で『VIRGIN』のリードを飾った切ないバラード「桜雨」では誰もが立ち尽くして音に聴き入るなど、メンバーとオーディエンスとがその場のヴァイヴスを共有し、時間と空間を作っていく。

楽器陣によるセッションを挟んで、トップスを着替えた武瑠が再登場。ここから始まった終盤戦、ツアーを経て磨き抜かれた新曲「In the shadow」「無限Styles」や、ライブでの定番チューン「HEALLYEAH」など攻撃的な楽曲を休みなく繰り出し、3月から続いたツアーのクライマックスへと向かってオーディエンスを踊らせていく。さらに、この日2度目の「SICK’S」では、MVに登場したキッズダンサーたちがステージに現れ、“ゾンビダンス”を披露する演出も。

そして本編最後を飾ったのは、ミニアルバム『VIRGIN』を象徴する楽曲「Smells Like Virgin Spirit」。サビのシンガロングが印象的なこのロック・アンセムは、まさにこのツアーを経て、オーディエンスの声によって完成させられたと言っていい。武瑠の「お前らと歌いたくてこの曲書いたんだよ!」と言う言葉通り、オーディエンスのシンガロングは、もはやこの楽曲にとって必要不可欠な構成要素となっていた。

歓声鳴り止まぬ中始まったアンコールの1曲目は、『VIRGIN』に先駆けて新生SuGの始まりを告げたシングル「teenAge dream」。明けてのMCで、今回のツアーの思い出話の後、武瑠の口から嬉しいニュースが発表された。今年4月に開局したばかりのAbemaTVでの5月のマンスリーレギュラーが決定したという。

そしてこの日、いや、今年一番と言っても過言ではない重大な発表がなされた。周囲のバンドの解散や活動休止、シーン自体の縮小など、自らが苦境に置かれていることに触れ、その後に続いた言葉は、誰もが予想だにしていなかった。

「こんな逆境だからこそ、来年10周年に挑戦します。SuG、やります。日本武道館!」

「昨日から眠れなくて、どうしてもこの『VIRGIN』のツアーで言わなきゃいけないんじゃないかって思って。本番直前にスタッフとかメンバーに相談して、やりたい、って。そして、みんなでやろうと思いました」。震える声で、だが力強く宣言した武瑠の言葉は、夢でもでたらめでもなく、そこには真実だけがあった。

「こんな時代だからこそ、もう一度ありえない奇跡を一緒に起こそうぜ!いいか!?」

この日一番の声援で応えたファンの中には、武瑠の言葉に胸を打たれて涙を流すものも少なくなかった。

それまでとは比にならないほどの一体感の中、アンコールを駆け抜け、それでもまだオーディエンスの興奮は冷めやらず、またSuGもそれに応えてダブルアンコールに突入。最後の楽曲となった「ときどきすてきなこのせかい」を終えた後、再び武瑠が「“HEAVY POSITIVE ROCK”は“無理矢理前向き”だからさ、おれたちは逆境だからこそ挑戦します!」と高らかに叫び、大歓声を背にメンバーらはステージを後にした。

しかしサプライズはこれだけではなかった。彼らが立ち去った後、スクリーンにてさらなる発表があった。一つ目は、SuG TOUR 2016 VIRGINの追加公演。6月に台湾で、7月にメキシコとタイで、計3か国で4公演が開催されること。そして二つ目は、一昨年より開催されているコンセプトライブ「VersuS」が今年も11月に開催されること。そして最後に、1stミニアルバム『VIRGIN』に続く2ndミニアルバムが今秋リリースされることが明らかになった。SuGの挑戦にこれからも目が離せない。

Photo by 近澤幸司

【セットリスト】
M01: SICK’ S

M02: 不完全 Beautyfool Days

M03: overflow

M04: MISSING

M05: sweeToxic

M06: DEAD or DEAD

M07: JUICY

M08: FRIDAY!!

M09: 桜雨

M10: 純・不純異性交遊

M11: 0 song ~ソロセッション

M12: In the shadow

M13: HELLYEAH

M14: 無限 Style

M15: 上海ハニー

M16: B.A.B.Y.

M17: SICK’ S

M18: Smells Like Virgin Spirit

EN01: teenAge dream

EN02: gr8 story

EN03: LOVE SCREAM PARTY

EN04: CRY OUT

WEN01: dot.0

WEN02: ときどきすてきなこのせかい

【ライブ情報】
『SuG TOUR 2016 VIRGIN 追加公演』

6月26日(日)  台湾 The Wall

7月03日(日)  メキシコ Lunario Auditorio Nacional

7月09日(土)  タイ MUSE thonglor

7月10日(日)  タイ MUSE thonglor  

『VersuS 2016』

11月12日(土)  大阪・IMPホール

11月13日(日)  大阪・IMPホール

and more…

※詳細は後日発表

AbemaTV「SPECIALな金曜The NIGHT SuG編」
#1:5月06日(金) 25:00-27:00

#2:5月13日(金) 25:00-27:00

#3:5月20日(金) 25:00-27:00

#4:5月27日(金) 25:00-27:00

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/PMW2iAsaTAB







カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP